logo

成熟期を迎えたDSLAM市場

インターネットユーザのマルチメディアアプリケーションの利用が進み、高速接続を必要とするようになってきたことで、DSLAMの世界市場は2005年の7600万から2010年末までに8910万ポートまで成長すると米国調査会社インスタット社では予測している。

インターネットユーザのマルチメディアアプリケーションの利用が進み、高速接続を必要とするようになってきたため、DSLAMの世界市場は2005年の7600万から2010年末までに8910万ポートまで成長するだろうと米国調査会社インスタット社は報告する。ダイヤルアップユーザがブロードバンドに移行しているのみならず、ブロードバンドユーザはより高速なブロードバンド接続に移行しており、DSLAM市場の成長は継続するが、その速度は鈍化していくだろうとインスタット社は述べている。

「DSLAM市場は成熟した。新規出荷ポート数を伸ばすASPが減少するため、市場の総収益は今後5年間下落する」と、インスタット社のアナリストDaryl Schoolar氏は言う。

インスタット社の調査結果を以下にあげる。

◆ Alcatelは、2005年に28.4%を占めた主要ベンダだった
◆ 今後数年間は、DSLAMだけからマルチサービス接続プラットフォームへの移行が進む
◆ IP DSLAMはフルイーサネットサービスプラットホームに取り込まれるだろう

インスタット社の調査レポート「DSLAM市場展望 :ブロードバンドの波に乗る - DSLAM Market Outlook: Riding the Broadband Wave」は、市場傾向、タイプ/地域別のシェアなどのDSLAMの世界市場を調査している。2010年までのポート出荷、収益、DSL加入者数の予測も提供する。


調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
DSLAM市場展望 :ブロードバンドの波に乗る
DSLAM Market Outlook: Riding the Broadband Wave
リンク

インスタット (In-Stat)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

DSLAMポート出荷台数

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。