お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

無線センサーネットワーク

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
4月出版予定です。

米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「無線センサーネットワーク: 802.15.4向け半導体、ZigBee、Z-Wave、INSTEONなどのメッシュネットワーキングプロトコルの市場分析」は、いまだ初期段階にある無線センサーネットワーキング(WSN)技術の市場を調査している。この調査レポートでは、WSNはセンサーやコントロールデバイスに装着されている低電力、低データ速度の無線ノードを指し、デバイス同士を無線接続して企業のネットワークに接続する。この調査レポートは、802.15.4半導体とモジュール、ZigBee、Z-Wave、INSTEON (RF)などの独自仕様と規格に基づいたネットワーキングスタック、そしてDust Networks、Sensicast Systemsが導入した様々なプロトコルやWSNシステムソフトウェアなどを考察している。
この技術は様々なアプリケーションにおける使用が予定されているが、初期の段階で市場をけん引するのは、主にビルディングオートメーションと住宅、商業施設、企業における制御である。この調査レポートでは、特にこれらのアプリケーションに焦点を当て、ロジスティックスや輸送などの設備以外で使用されるアプリケーションについても考察・概観しており、今後出版する調査レポートでは詳細に分析する予定である。特定市場のアプリケーションと導入の問題点を詳細に調査して、主要な技術動向を細かく記載している。また世界のWSN市場を細かくセグメント毎に予測し、巻末ではWSN市場の主要ベンダのプロファイルを提供している。




◆調査レポート
無線センサーネットワーク: 802.15.4向け半導体、ZigBee、Z-Wave、INSTEONなどのメッシュネットワーキングプロトコルの市場分析
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。