お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

2010年に45億ドルに達するIMS機器の投資額

英国の調査会社インフォーマテレコムズ&メディア社の報告によれば、IMS関連サービスで成功するのは、固定環境のVoIPとIPTVとモバイル市場のPushoverCellular(PoC)とインスタントメッセージングで、固定市場では2011年までにIMS対応サービスに加入するユーザ数は3900万、モバイルセクタでは1億8800万となる。

英国ロンドン、2006年3月29日
英国調査会社インフォーマテレコムズ&メディア社の調査レポート「IMS市場のビジネスチャンスと課題:固定と無線市場の概観」によれば、IMS市場は2010年にピークに達して、IMS機器の投資が45億ドルに達すると予測される。この調査レポートによれば、IMS関連サービスで成功するのは、固定環境のVoIPとIPTVとモバイル市場のPushoverCellular(PoC)とインスタントメッセージングである。固定市場では、2011年までにIMS対応サービスに加入するユーザ数は3900万、モバイルセクタでは1億8800万となる。

「IMS市場のビジネスチャンスと課題:固定と無線市場の概観」によれば、世界のIMS導入は今後2年間で大きく変化する。現在契約数は50を越え、100の試験が進行中で、オペレータは今後2年で戦略を練ると予測される。大半のIMS導入のビジネス事例はまだ成功しておらず、現在オペレータは新しいサービスを提供するためにIMSの導入を決めている。また、オペレータは階層化アーキテクチャによって、今後使う試験用のネットワークを維持しながらコストを抑えられると考えられる。

モバイル分野ではPush over CellularはIMS導入の主な促進要因となる一方、既に世界中のIMSネットワーク上で多数運営されているビデオシェアリングが2番目に大きな要因になるとインフォーマテレコムズ&メディア社は予測している。固定分野ではVoIPがキラーアプリケーションになり、PSTNネットワークによる収益が限界に達しているオペレータに新たなビジネスチャンスを与えると予測している。IPTVはVoIPの後で市場に投入されるが、プレミアムサービスなので収益を増加させる可能性がある。

この調査レポートは2011年にわたる他に類のない広範な予測を行っている。予測データにはPSTN音声、ブロードバンド、モバイルPush To Talk (PTT)、モバイルインスタントメッセージング (MIM)などの確立したサービスからIMSによって可能となるダブルプレイ、トリプルプレイ、Push OverCellular、モバイルインスタントメッセージング(MIM)、モバイルビデオシェアリングサービスが含まれる。またグローバルおよび地域ごとの資本支出(CAPEX)を予測している。


◆調査レポート
IMS市場のビジネスチャンスと課題:固定と無線市場の概観
リンク

◆英国インフォーマテレコムズ&メディア社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。