お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ホームネットワーキングと接続世帯の市場分析

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
4月出版予定です。

ホームネットワーキング市場は、データ中心でブロードバンドを共有する市場から、メディア配信の主要なプラットフォームへと急速に進化している。ネットワーキング技術、メディアサーバ、クライアント機能、シームレスな接続を多種多様のデバイスに組み込むことによって、巨大でダイナミックな機器、シリコン、ソフトウェア、コンテンツ、サービスプロバイダ市場が誕生する。中核となるホームネットワーキング向けハードウェア市場全体は、2011年までに100億ドルに成長すると予測され、ネットワークエンターテインメント、データ、ストレージ、消費者向け通信デバイスは2011年までに850億ドルを超える。
米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「ホームネットワーキングと接続世帯の市場分析:家庭向けサーバ、ネットワークエンターテインメント、802.11n、ネットワークストレージのビジネスチャンスと予測」は、ホームネットワーキングとネットワークエンターテインメント市場の全セグメントを考察している。ホームネットワーキング用ハードウェアとCPE市場(ルータ、レジデンシャルゲートウェイ、アダプタ/NIC、組込み接続、ブリッジ)の項目も記載されている。またメディアネットワーキングの調査では、ネットワークエンターテインメントデバイスのすべてのカテゴリ、TV、DVD、PVR、セットトップボックス、ポータブルデバイス、オーディオ/ビデオシステム、ゲームコンソールを分析している。家庭向けネットワークストレージについて記載し、メディアサーバ(STB、PC、CEメディアサーバ) を査定している。ホームネットワーク用シリコンとホームネットワーク管理用ソフトウェアを概説している。



◆調査レポート
ホームネットワーキングと接続世帯の市場分析:家庭向けサーバ、ネットワークエンターテインメント、802.11n、ネットワークストレージのビジネスチャンスと予測
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。