お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ビジネス向け無線SLAの重要性が徐々に増している

無線SLA (サービス品質保証制度)は、現在はまだ購入の最重要決定要因ではないが、今後5年の間にはまず大企業において、必要とされるサービスとなるだろう。Sprintはすべての契約条項の中にSLAを盛り込んでいる。

ビジネス向け無線SLAの重要性が徐々に増している

アリゾナ州スコッツデール、2006年2月21日
サービスレベルアグリーメント(SLA)は、米国企業の無線通信の選択プロセスにおいて重要性を増してきているものの、多くの企業にとっては重要な決定要素ではないと、米国調査会社インスタット社は報告する。インスタット社のユーザ調査において、全企業のサービス属性の中におけるSLAの重要性は、2004年の7番目から2005年の6番目へとやや上昇した。

「SLAは、今日最も重要な要素ではないかもしれないが、今後5年の間には、少なくとも従業員1000人以上の大企業において、必要とされるサービスとなりうる。Sprintは、すべての契約条項の中にSLAを盛り込んでいる。しかし多くの企業とSLA契約を結ぶにはまだ改善の余地がありそうだ」と、インスタット社のアナリストAllyn Hall氏は語る

インスタット社の調査レポートは下記についても述べている。

◆データの専門家が意志決定のプロセスに影響を及ぼしており、CIOやMIS/ITの関係と購入プロセスにおけるSLAの重要性との間には、相関関係がほとんどない

◆現在プロバイダが提供しているほとんどのサービス品質管理(SQM)ツールが、より使いやすく顧客重視の性能を提供するようになれば、SLAの普及を進めるだろう

◆データサービスが企業の無線通信パッケージの大部分を占めるようになり、SLAは購入を決定する際のより重要な要因になっていくだろう

インスタット社の調査レポート「無線SLA (サービス品質保証制度) :利用者の声」は、企業の無線通信のサービス品質保証制度(SLA)をカバーする。2005年の米国のあらゆる規模の企業の無線サービス購入の意思決定者を対象としたユーザ調査結果を掲載し、SLAの重要性を企業規模/産業区分別に掲載し、サービスプロバイダのSLA契約の詳細を記載する。

◆調査レポート
無線SLA (サービス品質保証制度) :利用者の声
Wireless Service Level Agreements: What Buyers Say
リンク

◆インスタットについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。