logo

現在、世界最大のアジアCEM市場

米国の調査会社インスタット社では、アジアのCEM市場は2004年の733億5000万USドルから2009年には1619億USドルに伸びると予測している。

豊富な安い労働力と多くの技術労働者のために、アジアは現在世界で最も大きなCEM(Contract Electronic Manufacturing)市場であると米国の調査会社インスタット社は報告しており、アジアのCEM市場は2004年の733億5000万USドルから2009年には1619億USドルに伸びると予測している。

「既に中国と台湾がCEM市場を確立しているが、インド、タイ、ベトナムなどのアジア諸国も低価格の電子機器製造の強力な競争企業として頭角を現しつつある。中国を中心として、アジアのCEMの総生産能力は2009年には世界の65%を占めるだろう」とインスタット社のアナリストPrakash Vaswani氏は言う。

インスタット社の調査レポートは下記についても述べている。

◆ トップ企業や中堅メーカーの多くは、アジアのサプライヤとの提携をより緊密にし、資材管理のソフトウェアプログラムを改良するために投資している

◆ 2005年、アジアのCEMと組立能力は世界の約52%を占めた

◆ アジアのエレクトロニクスメーカーは、その地域特有の豊かな技術的能力を持っているので、利益を大きく押し上げる設計サービスへと発展する可能性がある

インスタット社の調査レポート「アジア各国別のCEMと組立能力 - Asia CEM and Assembly Capacity by Country」は、アジアのCEM市場をカバーしている。CEM市場の国別の詳細とアジアのCEM能力を分析、予測している。CEM企業がアジアにひきつけられる要因とアジアにおける主要アプリケーションについても議論する。


調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
アジア各国別のCEMと組立能力
Asia CEM and Assembly Capacity by Country
リンク

インスタットについて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク


※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。