logo

2006年の導入が確実視されるVoWLAN

米国の調査会社ピラミッドリサーチ社は、006年にVoWLANの中間層向けの端末が市場に投入され、仮想移動体通信事業者(MVNO)はモバイル音声による収益獲得に向け奮闘することになるだろうと報告している。

マサチューセッツ州ケンブリッジ、2006年1月19日
過去2年間でWLANは単なるホットスポットネットワークから統合ソリューションを提供するサポート技術へと変貌し、VoWLANの道が開かれた。ピラミッドリサーチ社の調査レポート「WLANとセルラーの統合:WLAN、UMA、VoWLANに向けたキャリアの取り組み」によれば、2006年にVoWLANの中間層向けの端末が市場に投入され、仮想移動体通信事業者(MVNO)はモバイル音声による収益獲得に向け奮闘することになるだろう。

「VoWLANの導入はさまざまな要因によって必然的となっている。特に、固定キャリアの強いモバイル需要、モバイルオペレータのIP音声バンドルサービスを配信するための安価な技術の模索、WLAN技術による音声のサポートが実現間近であることがあげられる」と、調査レポートの著者Svetlana Issaeva氏は言う。ピラミッドリサーチ社は、3G、WiMAX、DSLなどとの技術統合や都市のホットスポットによって、早ければ2006年にWLANの音声配信が開始すると予測している。

固定やケーブルプロバイダのVoWLANへの取り組みは非常に積極的であり、新たにモバイル音声サービスを開始して移動通信トラフィックのシェアを獲得し、加入者を維持しなくてはならない。だがモバイルオペレータの取り組みはそれほど明確ではない。

「ピラミッドリサーチ社は、VoWLANの導入は必至で、モバイルキャリアはVoWLANへの取り組みに加わって安全を確保するしかないと考えている」とIssaeva氏はコメントしている。

モバイルオペレータは今後もWLANネットワークから発信された通話を受信することによって収益を生み、固定キャリアのMVNOから得る卸売りトラフィックの収益を増やし、IPネットワークより低いコストでWLANネットワークを導入する。またWLANネットワークによって低所得者層や学生に音声サービスを安価に提供し、その結果オペレータはQoSのレベルを下げた定額の音声サービスプランを開発できる。これは確実に音声サービスの価格の発展に向けた新たなステップになるだろう。

「WLANとセルラーの統合:WLAN、UMA、VoWLANに向けたキャリアの取り組み」について
この調査レポートは、WLANの発展と固定およびモバイルネットワークとの統合を追跡調査している。また、HSDPAおよびEVDOとWLANの関連性、そして従来のWLANとセルラーのビジネスモデルを調査している。またWLANとセルラーの統合サービスの需要と収益予測、22のキャリアのケーススタディを国別に提供している。

◆調査レポート
WLANとセルラーの統合:WLAN、UMA、VoWLANに向けたキャリアの取り組み
リンク

◆米国ピラミッドリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。