お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

IPTV向けCPE(加入者宅内装置)

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
1月出版予定です。

米国の調査会社ABIリサーチによるIPセットトップボックス、CPEとコンポーネントの市場に関する調査レポート「IPTV向けCPE(加入者宅内装置):IPセットトップボックス、DSLゲートウェイ、MPEG-4デコーダーとミドルウェア」は、セットトップボックス出荷台数の動向、機能、価格、通信経由のTVサービスの普及の概要を記載している。IPセットトップボックスおよびDSLゲートウェイ市場の出荷台数、価格、市場価格の分析を提供し、HDおよびPVRサービスのサポートに向けたセットトップボックスの導入を考察している。セットトップボックスベンダと通信経由のTVオペレータの関連性の概要を示し、IPセットトップボックス分野における12社のアクティブベンダの長所を考察している。CPEの論考以外では、市場プレイヤ、動向、出荷台数、価格、IPセットトップボックス向けデコーダの市場価格、MPEG-4圧縮規格への移行を論考している。またアプリケーション層、ブラウザ、その他のIPセットトップボックスに組み込まれているソフトウェアなどのIPセットトップボックスのミドルウェア市場を考察している。

◆調査レポート
IPTV向けCPE(加入者宅内装置):IPセットトップボックス、DSLゲートウェイ、MPEG-4デコーダーとミドルウェア
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。