お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

DVDディスク販売価格は下落しているが、新技術は国際市場での成長を促進

標準画質のDVD販売は依然順調で市場はピークに近づきつつあるが、家庭向けのDVDとコンテンツ配信の方式としていったい何が有望であるのかは定かではないと米国の調査会社インスタット社は報告している。

家庭向けコンテンツ配信の様々な新しい方法が出てきて、映画産業は活況を呈してきているとインスタット社は報告する。標準画質のDVD販売は依然順調で市場はピークに近づきつつあるが、家庭向けのDVDとコンテンツ配信の方式としていったい何が有望であるのかは定かではない。

「次世代高品位光ディスク形式への移行は順調とはいえない。PC産業は、DVD販売と競合する可能性のある映画のダウンロードに次々に参入しており、ペイTVサービスはVoD(ビデオオンデマンド)サービスやハードディスク内蔵のセットトップボックスの新製品、HDTVサービスで映画を提供したいと考えている」と、インスタット社のアナリストGerry Kaufhold氏は言う。

インスタット社の調査レポートは下記についても述べている。

- 2009年までに、ハリウッドビデオコンテンツの年間小売売上総額は世界で500億USドルにまで達するとインスタット社は予測する

- 2009年までに、米国のテレビ所有世帯の41%がHDTVディスプレイで映画を視聴しているだろう

- 現在、HDMI機能のあるDVDプレイヤで高品位品質を提供しているが、次世代の高品位光製品は「何かよりよいもの」を提供する必要がある

- 2009年までに、日本の家庭の40%以上はワイドスクリーンHDTVセットを所有するようになるだろう。そしてヨーロッパと日本以外のアジア市場では既にHDTVディスプレイは堅調な販売を示している

- ポータブルプレイヤ製品とオンラインダウンロードサービスは、特にヨーロッパとアジアで成長するだろう

- ハリウッド映画とテレビ番組のDVDのマーケットバリューは、ほとんどが日本、合衆国、カナダ、イギリス、フランス、ドイツの6カ国によるものである

- メディアは次世代光ディスクに大きな関心を抱いているが、ハリウッドのパッケージ製品ビジネスが大きな影響力を持つのは5年後以降のことだろう

インスタット社の調査レポート「映画会社の収益源の変化-新しい市場、HDTVへの移行、インタラクティブ - The Changing Face of Studio Video Sales: Grow New Markets, Push High Definition, Get Interactive」は、映画会社のビデオ販売についての市場をカバーしている。技術の分析、市場トレンド、地域ごとのワイドスクリーンHDTV機能搭載のディスプレイ所有世帯数、2009年までのハリウッドビデオ製品の小売額をカテゴリ別・地域別に予測し、家庭向けビデオ産業の主要企業のプロフィールを提供する。


◆調査レポート
映画会社の収益源の変化- 新しい市場、HDTVへの移行、インタラクティブ
The Changing Face of Studio Video Sales: Grow New Markets, Push High Definition, Get Interactive
リンク

◆インスタットについて
リンク


◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。