logo

中国のRFID市場

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
12月出版予定です。

ABIリサーチの調査レポート「中国のRFID市場:ビジネスチャンスと規制問題の査定」は、LF、HF、UHF、マイクロ波を含む、中国のRFID市場を考察している。中国のLF RFID市場は、業界チェーンと市場アプリケーションのどちらも非常に成熟しており、LF RFIDは構内、ネットカフェ、アクセス制御アプリケーション等のローエンド市場で広範囲に適用されている。
現在、HF規格(ISO14443) が中国最大の市場である。第2世代のIDカードの市場シェアは5割を超えており、その他の主要なアプリケーションは、輸送カード、構内カード、高速道路の通行料集金カードおよびネットカフェなどである。ISO15693をベースにしたHF市場は比較的小規模である。
UHF市場は初期段階にあり、規制問題が中国のメーカーや小売業を悩ませており、また未熟な技術、高コスト、不透明なROI(Return On Investment)による需要不足も成長を妨げる主要要因である。
ABIリサーチの調査レポート「中国のRFID市場:ビジネスチャンスと規制問題の査定」は、主要なプロジェクトを紹介し、RFID周波数が異なるアプリケーションを論考している。また会社概要の項目ではICベンダ、ハードウェアベンダ、パッケージとタグベンダ、インテグレータなどの中国の主要なRFIDベンダを記載している。





◆調査レポート
中国のRFID市場:ビジネスチャンスと規制問題の査定
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。