logo

ロアグループ社 日本の移動体通信市場予測レポートを特別価格で予約注文受付中!

ロアグループ社は、2006年の日本の移動体通信市場を分析・予測する 「2006年日本移動体通信市場の予測 - 10大トピック分析を中心に」レポートの出版を発表しました。

韓国、中国、そして日本に拠点を置き、世界の移動体市場を調査するロアグループ社は、2006年の日本の移動体通信市場を分析・予測する 「2006年日本移動体通信市場の予測 - 10大トピック分析を中心に」レポートの出版を発表しました。

このレポートでロアグループ社は「市場競争の激化」と「コンバージェンスサービスの進化」が日本の移動体通信市場におけるキーポイントとし、下記10項目を10大トピックとして定義しています。

- MNP(ナンバーポータビリティ制度)実施
- 新規事業者の登場
- MVNO事業の活性化
- 音声料金プランの変化
- 法人市場の拡大
- セグ放送
- フェリカビジネス
- モバイルポータル
- 固定無線通信
- FMC

「2006年日本移動体通信市場の予測 - 10大トピック分析を中心に」レポートは2005年12月下旬出版予定となっており、2005年12月22日までにご購入を申し込みいただいた場合には、定価の10%引にてご提供致します。


◆調査レポート
2006年日本移動体通信市場の予測
10大トピック分析を中心に
リンク

◆ロアグループ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。