お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

サブユーティリティの据置型電源

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
12月出版予定です。

燃料価格の高騰により減速している現在の世界経済のなか、急速に発展しつつも電力供給網が十分に成熟していない国々の政府や利用者にとって、配電網によらない分散型電源インフラ構築による継続的で、バックアップ電源も備えた電力供給に対するサポートが求められている。
ABIリサーチの調査レポート「サブユーティリティの据置型電源:1メガワット未満の分散型、バックアップ、オフグリット電源技術」は、レシプロエンジン、ガスタービン、燃料電池、風力発電、太陽光電池技術に重点を置いて考察している。有望な市場を分析し、出荷台数を増やして今後数年間成長を維持するための必要な事柄を探っている。2004-2013年にわたる各技術ごとの出荷台数を地域別に予測し、各業界の主要プレイヤに焦点を当てている。また、開発を左右する環境要因を特定している。



◆調査レポート
サブユーティリティの据置型電源:1メガワット未満の分散型、バックアップ、オフグリット電源技術
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。