logo

ブロードバンドビデオとインターネットTV

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
12月出版予定です。

既存の映像配信市場は大きく変化している。広告主やコンテンツ企業は、消費者に配信するためにPVR、ゲーム機、ポータブルAVプレイヤなどの消費者向けの技術など、従来と異なるチャンネルを探さなければならなかった。新たに焦点を当てているのは、消費者が複数の視聴プラットフォームの中からビデオコンテンツを選択している、急成長中のブロードバンドビデオ市場である。
ABIリサーチの調査レポート「ブロードバンドビデオとインターネットTV:コンテンツ保有者、プラットフォームプロバイダ、技術ベンダの市場とビジネスチャンス」は、ペイ(利用料金)と広告に支えられたブロードバンドビデオ市場を考察している。ペイ市場は加入、シングルユーズ、機器へのダウンロードに区分され、ユーザー数、今後の見通し、収益を考察してそれぞれモデルを予測している。ブロードバンドビデオ用のデジタルホームインフラを調査している。メディアアダプタ、メディアセンタ、ネットワークゲームコンソール、ポータブルAVプレイヤなどのメディアネットワーキングハードウェア市場の売上げを予測している。また、多数のコンテンツ保有者、集積者、プラットフォームプロバイダ、メディアネットワーク企業の詳細なプロファイルを提供している。

◆調査レポート
ブロードバンドビデオとインターネットTV:コンテンツ保有者、プラットフォームプロバイダ、技術ベンダの市場とビジネスチャンス
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事