logo

ネットアンドセキュリティ総研、「着メロサイト比較調査2005」の先行販売を開始

~競争激化の一途を辿る、着メロサイトの全体像と個別評価の最新状況を携帯電話3大キャリアの全69サイトから全てを把握する~

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ
総研株式会社(代表取締役 原 隆志 東京都港区)は、ネットアンドセキュ
リティ総研株式会社保有のモニターを対象に実施したアンケート結果をまとめ
た「着メロサイト比較調査 2005」の先行販売を開始しました。

詳細:http://shop.ns-research.jp/3/10/5247.html

報道関係者各位

平成17年12月5日
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ネットアンドセキュリティ総研、
     「着メロサイト比較調査2005」の先行販売を開始
~競争激化の一途を辿る、着メロサイトの全体像と個別評価の
    最新状況を携帯電話3大キャリアの全69サイトから全てを把握する~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ
総研株式会社(代表取締役 原 隆志 東京都港区)は、ネットアンドセキュ
リティ総研株式会社保有のモニターを対象に実施したアンケート結果をまとめ
た「着メロサイト比較調査 2005」の先行販売を開始しました。

※先行販売キャンペーンとして、2005年12月10日までにお申し込み頂いた方に
は、「着メロサイト比較調査 2005」の単純集計表を送付させて頂きます(お
申し込み頂き次第ご提供予定)

「着メロサイト比較調査 2005」
【詳細URL: リンク


■■ 調査概要 ■■

◆アンケート調査から着メロサイト利用者像分析と各サイトを比較

携帯電話を利用したインターネットが当たり前となった現在、様々なユーザー
をターゲットにした、いわゆる「着メロサイト」にも変化がみられるようにな
りました。

ひと昔前までは単なる呼び出し音であった着メロ。しかし時がたち、技術が進
歩するにつれて着メロはただの呼び出し音という立場から、新たなエンターテ
イメントとして成り立つようになりました。着メロをエンターテイメントとし
て確立させたものとして、「携帯電話の高性能化に伴い、音が非常にキレイに
なり、音楽として楽しめるようになった」といったことがあるでしょう。この
事の顕著な例として「着うた」の大ヒットがあります。これは、携帯電話メー
カーのサービスにより定額通信制が可能になった為、大容量となる「着うた」
でも気軽にダウンロードできるようにったといった理由があるでしょう。また
、定額通信制は着うたに限った事ではなく着メロ自体も気軽にダウンロードで
きるといった状況を生み出しました。

このように、着メロが様々なユーザーに利用される中、提供者である着メロサ
イト自体も生き残りをかけて大きく変化しています。

このような状況を踏まえ、ネットアンドセキュリティ総研では、2005年10月18
日から10月25日と2005年11月8日にかけて調査を実施し、その結果を「着メロ
サイト比較調査 2005」にとりまとめました。

着メロサイト利用者への調査から利用状況と各サイトに対する評価を分析し、
見えにくかった着メロサイトの今が鮮明に分かる調査資料となっています。


■■ 調査について ■■

【主な調査項目】

・電話会社を選んだ理由
・Webメニューの利用
・半年以内に利用したコンテンツ・サービス
・1ヶ月の通信料金
・着メロサイトの利用
・契約コンテンツ数/支払額
・契約コンテンツ数/支払額
・有料着メロサイトの利用形態
・重要だと思う項目
・着信音変更頻度
・パケット通信料金定額制の利用
・定額サービス利用による着メロ利用の変化
・PC向け着メロ情報サイトの利用
・着うたダウンロード経験
・着うたサイト利用状況
・着うた利用による着メロ購入金額の変化
・音楽再生機能の有無
・音楽再生機能の利用経験
・音楽再生の利用状況
・音楽ダウンロード経験
・1ヶ月の音楽ダウンロード費用
・音楽ダウンロード利用による着メロ購入金額の変化
・着メロサイトの認知率
・着メロサイトの訪問率
・着メロサイトの有料サービス利用率
・着メロサイトの定期訪問率
・着メロサイトの総合的な満足度
・着メロサイトの使いやすさ評価
・着メロサイトの音質評価
・最利用着メロサイトの選択
・認知経路
・Web利用時期
など

【調査対象サイト】

◆NTTドコモ  :23サイト
◆au     :27サイト
◆ボーダフォン :19サイト

<NTTドコモ:サイト名>

・いろメロミックス
・HMVメロディ
・Nメロディタウン
・MTV Sounds
・えらべるJ-POP
・オリコンサウンド
・CoolSound
・すごメロ取り放題
・スペシャ着信メロディ
・セガカラiメロディ
・着信メロディ GIGA
・取り放題¥100
・パワメロ♪トリ放題
・プラチナメロディ
・プレミアムサウンド20
・ポケメロJOYSOUND
・めちゃメロ
・メロDAM
・魔法のメロら んど
・ヤマハ★メロっちゃ!
・レコード会社直営♪
・ローランドサウンドギャラリー
・VIBEbeep!

<au>
 27サイト(詳細はWEBサイトで掲載)
<ボーダフォン>
 19サイト(詳細はWEBサイトで掲載)

【調査結果一部】

各キャリアで公開されている着メロサイトの認知率を事業主体別に集計

▼認知度が高い事業主体
  第一位 ドワンゴ
  第二位 ヤマハ
  第三位 オリコン

▼定期的なサイト利用率
  第一位 ドワンゴ
  第二位 レーベルモバイル
  第三位 インフォコム

▼満足度
  第一位 レーベルモバイル
  第二位 インフォコム
  第三位 バンダイネットワークス

【調査実施要項】

2005年10月22日から25日と2005年11月8日の5日間、ネットアンドセキュリティ
総研株式会社保有のモニターの中から、「ドコモ・au・ボーダフォン利用者
のうち、過去半年以内に、携帯電話のインターネットサービスにおいて着信メ
ロディ(着うた、着ボイス含む)を購入した人」に対してインターネット上で
アンケート調査を実施しました。

なお、調査対象サイト(NTTドコモ:23サイト、au:27サイト、ボーダフォ
ン:19サイト)の選定は、インターネットユーザー4,296名に対し、2005年10
月18日から10月21日にかけて「携帯電話で実際に訪問したことがある着信メロ
ディサイト」を事前調査した結果をもとに行いました。

事前調査      :4,296サンプル
本調査(NTTドコモ)  :509サンプル
本調査(au)     :508サンプル
本調査(ボーダフォン):510サンプル


■■ 資料概要 ■■

資 料 名:「着メロサイト比較調査2005」
発 刊 日:2005年12月(予定)
発   行:ネットアンドセキュリティ総研株式会社
販   売:ネットアンドセキュリティ総研株式会社
判   型:A4版・約250頁
頒   価:
・印刷タイプ(報告書) 68,250円
  (税抜65,000円+消費税3,250円)別途税込送料 500円
・CD-Rタイプ(報告書) 99,225円
  (税抜94,500円+消費税4,725円)別途税込送料 500円
・印刷タイプ(報告書)+CD-Rタイプ(報告書&ローデータ)2枚組
155,400円 (税抜148,000円+消費税7,400円)別途税込送料 500円

※12月10日までに申し込まれた方には全員にもれなく単純集計表をご提供さ
 せていただきます。(お申し込み頂き次第ご提供予定)

【詳細URL】
リンク

【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を
明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフ
ォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ ネットアンドセキュリティ総研株式会社 ■■

・設  立:1996年10月
・資 本 金:151,450,000円(2003年11月20日現在)
・代 表 者:代表取締役 原 隆志
・事業内容:インターネットビジネスの総合シンクタンク
・取扱商品:・企業様のweb、メールマガジンのコンテンツ企画、制作、運
       用、顧客対応業務の代行
      ・セキュリティ製品レビュー、ウイルス情報、セキュリティホ
       ール情報、インシデント情報など幅広くセキュリティ情報を
       提供
      ・情報通信市場、ネットビジネスに特化した独自調査の企画、
       受託、調査資料の制作・販売
      ・インターネットリサーチの実施および事業立ち上げ支援
       サービスなど
・U R L: リンク
・連 絡 先:〒106-6138
      東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー38F
      株式会社ライブドア内
      TEL:03-5770-4417 / FAX:03-5770-4419
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒106-6138
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー38階
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
株式会社ライブドア内
TEL: 03-5770-4418 / FAX: 03-5770-4419
担当:安田
info@shop.ns-research.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。