お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日中韓の携帯電話端末分析レポートをロアグループ社が出版

ロアグループ社では日本、中国、韓国、3ヶ国の携帯電話端末の傾向について調査・分析・予測を行い、 「2005年上半期 携帯端末トレンド及び進化方向予測 - 日本・中国・韓国の新規端末比較分析」レポートの出版を発表しました。

韓国、中国、そして日本に拠点を置き、世界の移動体市場を調査するロアグループ社は、 日本、中国、韓国、3ヶ国の携帯電話端末の傾向について調査・分析・予測を行い、 「2005年上半期 携帯端末トレンド及び進化方向予測 - 日本・中国・韓国の新規端末比較分析」 レポートの出版を発表しました。

ロアグループ社では、携帯電話端末について次のように述べています。

- デジタルコンバージェンスとユビキタスが進められ、携帯電話端末は、多様な携帯型デジタル機器の機能と特徴を融合しながら、進化している。

- 数年前、携帯電話及びカメラとの融合の成功をきっかけに本格化したコンバージェンス傾向は、MP3、ラジオ、テレビを含め、身の回りのデジタル機器へ急速に拡張している。

- 日本・中国・韓国は、このような携帯電話のコンバージェンスで世界を主導している。

「2005年上半期 携帯端末トレンド及び進化方向予測 - 日本・中国・韓国の新規端末比較分析」 レポートでは、日中韓3ヶ国の携帯電話端末について詳細に調査、分析した結果を提供しています。またこのレポートでは、3ヶ国の国別の端末発売現況、付加サービス、主要端末についての調査結果を提供しています。

更に移動体通信加入者数の変化推移や新規発売端末のネットワークシェアなどの、日本、中国、韓国の携帯電話市場に関する有益な情報を多く含んでいます。

◆調査レポート
2005年上半期 携帯端末トレンド及び進化方向予測
日本・中国・韓国の新規端末比較分析
リンク

◆ロアグループ社について
リンク


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。