logo

航空機内のモバイル通信とWi-Fiサービス

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
12月出版予定です。

2005年には、11億7000万人が1万3700便の航空機を利用した。中国とインドにおける経済の急成長と、北米と欧州の航空市場の回復により、2014年までに乗客数は16億3000万、便数は19,600便に増加すると予測される。2004年までは機内のモバイル通信やWi-Fiは禁止されていたが、状況は変化している。ルフトハンザ、シンガポール航空、オーストラリア航空の機内でWi-Fiが利用できる。2006年に機内のモバイル通信に関する法律が見直されて、飛行機でのモバイル通信が可能になるだろう。ABIリサーチの調査レポート「航空機内のモバイル通信とWi-Fiサービス:市場潜在力と課題」は広範囲にわたる概要を記載し、複雑だが多額の利益を生むであろう航空市場を査定している。


◆調査レポート
航空機内のモバイル通信とWi-Fiサービス:市場潜在力と課題
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事