お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

DSPチップ市場は2009年まで速い成長を続ける

インスタット社では、デジタルシグナルプロセッサ(DSP)の出荷台数は2009年末までに約28億ユニットまで増加すると予測している。

システムに採用されているコンポーネントで最も成長の早いもののひとつであるデジタルシグナルプロセッサ(DSP)は、2004年世界の出荷数が15億ユニットと見積られており、2009年末までに約28億ユニットまで成長するだろうとインスタット社は予測する。DSPは通信、コンピュータ、電子データ処理(EDP)、運輸、消費者向け、産業向け、軍事向け航空などのすべての市場セグメントにわたっている。

「DSPチップ市場は今日、通信と消費者向けのシェアが支配的である。しかし、2009年の収益シェアは、若干産業向けと軍事向け航空へ移行すると予測する」と、インスタット社のアナリストMax Baron氏は言う。

インスタット社の調査レポートは以下についても述べている。

- 浮動小数点DSPが今後5年間の収益増を導くと予測され、2004年の10億USドルから2009年には約22億USドルまで成長するだろう

- 通信セグメントは2009年には61%を占めるだろうが、2004年に比べて5%の減少である

- 産業向けと軍事向け航空市場は、新機種や機能向上のために機器の購入を拡大するだろう。高い性能を必要とするために高い価格でも購入し、市場シェア6%の購買力の伸びにもかかわらず、2009年には市場全体の20%まで収益を伸ばすだろう

インスタット社の調査レポート「2004-2009年 アプリケーション毎のDSP予測 - DSP Demand in Applications 2004-2009」は、デジタルシグナルプロセッサの世界市場をカバーしている。2009年までの16ビット、24ビット、浮動小数点DSPのユニット出荷、収入、平均販売価格を予測し、詳細な市場概況と分析を記載している。


◆調査レポート
2004-2009年 アプリケーション毎のDSP予測
DSP Demand in Applications 2004-2009
リンク

◆インスタットについて
リンク


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。