logo

無線メッシュネットワーキング

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
12月出版予定です。

MetricomのRichochetサービスが破綻してから3年後、米国のフィラデルフィアやサンフランシスコ、台湾の台北などの大都市が導入計画を発表した都市規模の無線メッシュネットワーキングが再び注目を集めている。無線メッシュのインフラを使用するブロードバンドサービスは、ミネソタ州のチャスカ、ニューメキシコ州のリオランチョなどの多くの比較的小規模のコミュニティで利用がはじまっている。
ABIリサーチの調査レポート「無線メッシュネットワーキング:都市およびキャンパス規模の技術と導入戦略」は、都市規模とキャンパス規模の無線メッシュネットワーキング技術の世界の動向を考察している。市場の促進要因と課題、Wi-FiベースネットワークのWiMAXの導入、米国の局地的なブロードバンドの導入に関する現在および懸案の規制環境などの主要なビジネスおよび技術の課題を分析している。2004年の市場を基準とした2005-2010年までの予測データを提供している。またBelAir Networks、Cisco Systems、Firetide、MeshDynamics、Motorola、Nortel、Networks、PacketHop、Rajant、RoamAD、SkyPilot、Strix Systemsなどの主要な機器ベンダのプロファイルを提供している。


◆調査レポート
無線メッシュネットワーキング
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事