お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

3G市場に大きな影響を及ぼす中国政府の政策

2009年には中国のモバイル加入者数はほぼ6億1千万近くに達し、競争力やオペレータ戦略の違いが要因となり、3Gユーザーが占める割合は23%~58%になると米国の調査会社インスタット社では予測している。

中国の3G市場は今後成長する見込みが高いが、中国政府が策定中の高速無線技術政策を含めて不透明な部分が大きいとインスタット社は報告している。2009年、中国のモバイル加入者数はほぼ6億1千万近くに達し、その内3Gユーザーが占める割合は様々な競争のシナリオやオペレータ戦略によって23%-58%になるとみられる。

「3Gライセンスは、早くて無線ネットワークオペレータの業界再編後の2006年初めに発行されるとわが社は考えている」とインスタット社のアナリストAnty Zheng氏は言う。「China UnicomとChina Netcomが合併すれば3つ、合併しなければ4つの3Gライセンスが発行される。」

インスタット社の調査結果を以下にあげる。
- WCDMA 技術は、中国で主要な3G技術になるが、TD-SCDMAが今後徐々に成長する。

- 政府の方針が技術の成熟度、端末の性能、システムの互換性、グローバルローミング機能、工事費等に大きな影響を及ぼす。

- 中国では依然として音声通信が主要サービスで、最も成長が早いのはモバイルインターネットアクセスサービスである。

インスタット社の調査レポート「中国市場の3Gへの道すじ - China's Road Into 3G」は、中国の新しい3G市場について記載している。現在の中国モバイル市場の概要、3Gサービスの促進要因と課題の分析、2015年までの加入者とサービス収益の予測を提供している。


◆調査レポート
中国市場の3Gへの道すじ
China's Road Into 3G
リンク

◆インスタットについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。