お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

仮想移動体通信事業者(MVNO)

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
11月出版予定です。

米国では最近まで信用の薄い人や若者の選択肢として考えられていた仮想移動体通信事業者(MVNO)が、設備をもつ無線ネットワークサービスプロバイダにとって一般的なものになりつつある。新興のMVNOは3Gによって高度な無線データサービスを提供し、従来の無線オペレータの似たりよったりのサービスに取って代わるサービス提供を保証している。
MVNOによって、実際にどのようなビジネスチャンスがもたらされるのだろうか?さらに重要なことに、MVNOは成熟した無線企業として、うまく無線分野の成功企業の仲間入りができるのだろうか?ABIリサーチの調査レポート「仮想移動体通信事業者(MVNO):MVNOの企業価値と3Gの意義」は、MVNOのビジネスモデルを調査し、現在の無線市場におけるビジネスチャンスを考察している。ターゲット市場を特定し、市場規模を予測している。またサービスを近々開始する、または既に開始した世界のMVNOのリストを掲載し、市場のARPUと収益チャンスを予測している。


◆調査レポート
仮想移動体通信事業者(MVNO)
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。