logo

新しいブロードバンドサービスが押し上げるDLC/MSAN市場

DLC/MSAN(デジタルループキャリアサービス/サービスアクセスノード)機器市場が成長していて、2004年には3690万ポートだった通信キャリア向けの出荷数は、2009年には2400万ポートまで急進するとインスタット社では予測している。

DLC/MSAN(デジタルループキャリアサービス/サービスアクセスノード)機器市場は成長しており、通信キャリア向けの出荷数は2004年の3690万ポートから2009年には2400万ポートまで急進するとインスタット社は報告する。アクセスネットワークにおいてPOTS回線のリモートターミネーションを提供してきたDLCsは、POTS、DSL、FTTPアクセス回線を支えるMSANsへと発展したとインスタット社は述べている。

「DLC/MSANベンダは現在、サービスプロバイダが新しいブロードバンドサービスやオールIPネットワークに切り替えるのをサポートするために、多くの機種を提供している。これらの製品はFTTNやFTTCなどの様々なファイバーソリューションを可能にし、銅線のループ長が短いためにユーザーのより近くにDLCが設置され、ADSL2+やVDSL技術が必要な高い帯域を提供した。MSANsがサポートするFTTPアーキテクチャでファイバを顧客の家まで配備したサービスプロバイダもある」と、インスタット社のアナリストHenry Goldberg氏は言う。

インスタット社の調査レポートは以下についても調査している。

- ベンダ間の激しい価格競争により、世界のDLC/MSAN POTS+DSLによる収益は今後5年間はやや不振であるとインスタット社は予測する

- Huaweiは市場シェア約36%で、2004年DLC/MSANポート出荷の世界一であり、アルカテルはシェア21%で2番だった

- Class5PSTNスイッチからの移行を可能にするために、VoIPメディアゲートウェイ機能をサポートするベンダが多い

インスタット社の調査レポート 「通信経由のFTTX、テレビサービス、VoIPを統合化するマルチサービスアクセスノード(MSAN)とデータリンクコントロールプロトコル(DLC) - MSANs/DLCs Enable Telco FTTX, TV Services, and VoIP Migration」は、世界のDLC/MSAN市場の包括的な分析を提供する。世界、北米、ETSI市場のシェア、DLC/MSAN POTS、DSL、POTS+DSLの2004年と2005年第1四半期の出荷ポート数を予測する。主要な市場ニーズ、製品提供、重要な機能、競争力、顧客をカバーし、13のベンダプロフィールを提供する。世界のDLC/MSAN POTS、DSL、POTS+DSLのポート出荷と収益の5年間予測も提供する。


◆調査レポート
通信経由のFTTX、テレビサービス、VoIPを統合化するマルチサービスアクセスノード(MSAN) とデータリンクコントロールプロトコル(DLC)
MSANs/DLCs Enable Telco FTTX, TV Services, and VoIP Migration
リンク

◆インスタットについて
リンク


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事