logo

~オフショア(海外)開発に取り組んでいるのは大手企業の11%~ ~業種・規模別にくっきり分かれるオフショア開発の相性~ 大手企業111社に聞いた「オフショア開発実態調査」発表

システムベンダーの販促セミナー受託運営の株式会社ナレッジサインは、2005年5月から6月にかけて首都圏に所在する大手企業111社を対象に、オフショア(海外)開発に関する取り組みの実態を調査しました。

株式会社ナレッジサイン(東京都江東区、代表取締役 吉岡 英幸)は、2005年5月から6月にかけて首都圏に所在する大手企業の情報システム部門キーマンを対象に、電話による直接の聞き取り方法でオフショア(海外)開発に関する取り組みの実態を調査しました。
計300社の情報システム部門に対して電話アンケートを実施し、111社から有効回答を得ました。この結果は当社HPからダウンロードできます。

IT投資コストの削減で注目されるオフショア(海外)開発ですが、大手企業の中での導入率はまだまだ低く、業種・業態によっても導入状況は違うようです。

この調査結果から、
「大手企業の中で実際にオフショア開発に取り組んでいる企業は11%」
「従業員規模の大きな企業ほどオフショア開発に積極的」
「全体の12%はまだまだベンダーにおまかせの状態である」
「生・損保業界が最もオフショア開発に積極的」
「情報システム部門の成熟度が高い企業ほどオフショア開発に積極的」

などという特徴がわかりました。

この調査結果はナレッジサインのWebサイトよりダウンロードが可能です。

以上

■「オフショア開発実態調査」レポートのダウンロード先
株式会社ナレッジサインHP 
リンク


■本リリースに関するお問い合せ先
株式会社ナレッジサイン
広報担当:TEL 03-3642-3876/FAX 03-3642-3876
E-mail: info@k-signs.co.jp  

■株式会社ナレッジサイン 概要
資本金 1,000万円
代表取締役 吉岡 英幸
設立年月日 2003年4月10日
住所 〒135-0047 東京都江東区富岡1-26-12 関口ビル3F
電話番号     03-3642-3876(代表)
FAX     03-3642-3877
業務内容     1.ナレッジワークショップ®の手法を活用した販促セミナー
の運営
         2.ナレッジ・マネジメントのコンサルタント
         3.各種研修の企画・運営・ファシリテーション
HP リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。