logo

ホームプラグ/宅内PLCとアクセスBPLの将来

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
11月出版予定です。

ホームプラグ/宅内PLCとアクセスBPLは、どちらもホームネットワーキングとブロードバンドアクセス市場に参入するうえで困難な問題に直面している。支持者はホームプラグ/PLCと他のネットワーキング技術が家庭内で共存することを望んでいるが、競争相手はそのことについてどう考えるだろうか。ICおよびコンポーネントベンダは機器ベンダ等と同様に、複数のネットワーキング技術を柔軟にサポートするだろうか。
アクセスBPLは、少なくともいくつかの市場で他の主要なブロードバンドアクセスプラットフォームと競争しなければならないという、より困難な問題を抱えている。BPLの主な課題は何か、ユーティリティおよびベンダグループは規制機関と共にどのようにそれらの課題に取り組んでいるのだろうか。
ABIリサーチの調査レポート「ホームプラグ/宅内PLCとアクセスBPLの将来:技術、標準、競争環境の分析」は、実行可能性と市場にあまたある課題を考察している。幾つかの問題点を記載し、個々のベンダとプロバイダに焦点を当てている。ホームプラグ/PLCの出荷数、BPL加入者、CPEの分析の詳細な市場予測を提供している。

◆調査レポート
ホームプラグ/宅内PLCとアクセスBPLの将来
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。