logo

通信経由のTV放送がIP/DSLセットトップボックス販売を促進

米国の調査会社インスタット社では、通信オペレータによるTV放送サービスが増加した影響で、IP/DSLセットトップボックスの出荷数が2009年には1690万に達すると予測している。

通信オペレータによるTV放送サービスの増加によって、IP/DSLセットトップボックスの市場が押し上げられ、IP/DSLセットトップボックスの出荷数は2004年の170万から急増し、2009年には1690万に達するだろうとインスタット社は報告する。そのため、IP/DSLセットトップボックスの市場規模はデジタルケーブルセットトップボックスを上回ることになるだろう。

しかしこの大きなビジネスチャンスにもかかわらず、現在市場に参加しているベンダの数は多すぎるとインスタット社は考えている。「現在、80以上のベンダがセットトップボックスを提供している。この市場に対して多すぎる数であり、通信事業社を顧客としているのは約25社に過ぎない」と、インスタット社のアナリストMichelle Abraham氏は語る。

この調査レポートは下記についても調査している。

- 2004年のIP/DSLセットトップボックスのトップベンダはFreeだった

- IP/DSLセットトップボックスの平均小売価格(ASP)が最も高かったのは米国であり、その理由は北米においてDVR、HD、マルチルームタイプのセットトップボックスへの需要が高かったためである

- IP/DSLセットトップボックスにおける最も大きい技術シフトは高度な画像圧縮への移行であり、そのためにはMPEG-2以上に多くのメモリやパワフルなビデオデコーダが必要とする

インスタット社の調査レポート「IP/DSLセットトップボックス市場はベンダ過多 - IP/DSL Set Top Box Market Overflowing, with Vendors」は、世界のIP/DSLセットトップボックス市場をカバーしている。2009年までの出荷ユニット数、平均販売価格、収益の予測、市場を動かす技術、セットトップボックス、シリコンベンダのプロフィールの分析を提供する。


◆調査レポート
IP/DSLセットトップボックス市場はベンダ過多
IP/DSL Set Top Box Market Overflowing, with Vendors
リンク

◆インスタットについて
リンク


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事