logo

韓国のホームネットワーキング市場に関する調査レポートをロアグループ社が出版

ロアグループ社は、 韓国のホームネットワーキング市場を幅広く調査・分析した調査レポートの出版を発表しました。

韓国、中国、そして日本に拠点を置き、世界の移動体市場を調査するロアグループ社は、 韓国のホームネットワーキング市場を幅広く調査・分析した調査レポート「韓国のホームネットワーク市場の最新動向 - 事業者動向、事例分析、技術動向を中心に」の出版を発表しました。

ロアグループ社では、レポートの出版にあたりホームネットワーキング市場について次のように述べています。

- ユビキタス時代を前に、生活が根幹から変わろうとしている。その原動力となるのがホームネットワークだ。家庭内のあらゆるものがネットワーク化され、いつでも・どこでも・誰でもオンライン状態になるユビキタス社会の構築を目指し、現在は開発が行われている過渡期にある。

- SK テレコムとKTという2大通信事業者をリーダーとし、その下にサムスン電子やLG電子のようなメーカー、KBSやMBCのような放送局、建築会社、金融業、ソフトウェアメーカーなどさまざまな企業がつき協力体制を敷くことで、スケールの大きなホームネットワーク事業が展開されている。

- ホームネットワークで利用される有力な技術として、放送と通信を融合した広帯域統合網のBcN、電力線通信のPCL、既に商用化され馴染みのあるBluetoothと同様の技術であるZigbee、ミドルウェアではOSGiやエコーネット、デバイスではホームゲートウェイなどがある。

「韓国のホームネットワーク市場の最新動向 - 事業者動向、事例分析、技術動向を中心に」レポートでは、韓国のホームネットワーキングの市場や技術の動向が調査・分析されています。また政府のユビキタス計画や主要通信キャリアによるコンソーシアムについて解説・分析しています。
更にホームネットワーキングで利用されるHomePNAやZigbeeなどの通信技術の動向についても分析されています。


◆調査レポート
韓国のホームネットワーク市場の最新動向
事業者動向、事例分析、技術動向を中心に
リンク

◆ロアグループ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。