logo

工業用イサネットユーザーはXML対応に期待を寄せている。

米国の調査会社ベンチャーデベロップメント社は、調査報告書「Industrial Ethernet: Wireline and Wireless Infrastructure Components and Network Software」において、工業施設で使用されるイサネットインフラ部品とネットワークソフトウェアの出荷台数が、2006年には15億9630万(年平均成長率22.0%)になると予測している。

ベンチャーデベロップメント社の調査レポートによると、工業用イサネットユーザーは有線と無線の両方のアプリケーションにXMLプロトコルの導入を進める予定だという。

サプライヤにとって、製品をどのプロトコル対応にするかを正確に予測することが重要となる。下位互換性と統合の容易さがいずれのネットワークにとっても鍵となる。
一番普及しているプロトコルに対応することが、顧客の満足を得ることになるという。

※参考図表
リンク


■本リリース及びレポートに関するお問い合わせ

株式会社 データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂4-5-6-701
電話:03-3582-2531  FAX:03-3582-2861
info@dri.co.jp
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事