お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

コグニティブリサーチラボ株式会社は次世代型のP2P型IP放送技術を利用して、国内初の試みとなるネットライブ政見放送を行う。P2P型IP配信によるネットライブ政見放送としては、世界でも初めての試み

コグニティブリサーチラボ株式会社(本社:東京港区、代表取締役CEO:苫米地英人)は、次世代型のP2P型IP放送技術を利用して、国内初の試みとなる、斎藤つよし氏(民主党:前参議院議員)のネットライブ政見放送を、12月4日に行います。P2P型IP配信によるネットライブ政見放送としては、世界でも初めての試みになります。

利用される技術は、コグニティブリサーチラボ株式会社基礎研究所の共同研究先である米国HTKパートナーズが開発したもので、上り200Kbps未満のナローバンドによるQVGA(320×240ピクセル)フル動画配信を実現する、次世代型の独自コーデック技術です。この技術には100Kbps放送モードも実装されており、放送者は100Kbpsから200Kbpsの上りバンド幅があれば、携帯電話などを利用したIP放送も実現可能となります。更に送信されるデータは暗号化されていますので、セキュアな動画配信を行うことが出来ます。また、次世代離散数理技術により、伝送帯域幅を極限まで押えながらブロックノイズのない配信が可能となりました。本技術により、ナローバンド対応のP2P型IP放送を実現することで、デジタルディバイドを解決し極めて低コストでの21世紀型の超他チャンネル放送ならびに政治・経済・文化などの広い分野での超低コスト広報活動が可能になります。また、ブロードバンド配信時には、VGA以上の高解像度での配信も可能であり、更にハイビジョン画質の配信にも対応しています。

 12月4日の第一回放送は、ワークピア横浜(横浜市中区山下町24-1、045-664-5252、神奈川県民ホール裏)で18時から公開講演会の形で行われます。 放送の視聴は、専用クライアント(Windows2000、WindowsXP対応、Windows98は必要ソフトウェアのインストールにより対応可能)を、リンク からダウンロードすることで、200Kbps以上のバンド幅があれば全国で視聴可能です。

コグニティブリサーチラボ株式会社は、今後も、政党、思想、宗教などを問わず、政治・経済・文化など幅広いジャンルに対して、同様なナローバンドIP放送局の超低価格開局支援を行い、21世紀のデジタルディバイドの解決に貢献していきます。

 更に、コグニティブリサーチラボ株式会社は、イーディーコントライブ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:小椋量友紀)と、本次世代型のコーデック技術を実装したナローバンド対応のP2P型IP放送技術を利用して、特にセキュリティを重視した放送・通信分野における業務展開を行っていくことで合意いたしました。
 本公開講演会の配信もイーティーコントライブ社の協力により行われます。


◇斎藤つよし氏(斎藤勁)プロフィール
リンク
民主党参議院比例区第19総支部総支部長・前参議院議員
1945年7月10日 神奈川県横浜市 生まれ
神奈川大学第二法学部卒
横浜市役所勤務
87年横浜市議当選(2期)
95年参院選で初当選
県レスリング協会会長

◇イーディーコントライブ株式会社プロフィール
リンク
設立 平成18年10月2日
資本金 9,900万円(平成18年10月2日現在)
代表取締役社長 小椋 量友紀
本社所在地
大阪府大阪市淀川区宮原 2-14-14
新大阪グランドビル 6F 〒532-0003
TEL:06-6150-6780 (代)
FAX:06-6150-6781

◇コグニティブリサーチラボ株式会社プロフィール
設立 1988年8月設立 2000年3月合併により社名変更
資本金 4億7965万円 (平成18年10月末日現在)
代表取締役CEO 苫米地英人
本社所在地
東京都港区六本木7-8-25-303
TEL:03-5411-1977 (代)
FAX:03-5411-1978


本プレスリリースについてのお問い合わせ先:
コグニティブリサーチラボ株式会社基礎研究所(リンク) 
技術的な質問等は基礎研究所長のブログへ:  (リンク)
TEL: 03-5772-1120 FAX 03-5772-1127

関連情報
http://www.crl.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。