お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CDs21ソリューションズ 光ディスク寿命評価のための“メディア認証センター”の設立を決定!-米国 OSTA と運用についての協議を開始-

光ディスクの普及推進を行っているCDs21ソリューションズ(会長:中島平太郎、事務局:東京都品川区)では、光ディスクの寿命評価のための“メディア認証センター(仮称)“設立を決定した。

CDs21ソリューションズ
2006/10/13 18:00

 今回は、米国の光ストレージ推進団体OSTA(Optical Storage Technology Association 米国カルフォニア)と合同で開催したODAT(Optical Disk Archive Test)・WGミーティング(10月6日に秋葉原コンベンションセンターにて)にて、具体的な運用方法などを提案した。

 光ディスクは、各種の文書保存や画像保存の手段である為、その需要が全世界的に急拡大している。しかし、品質が基準を満たさない上に寿命が短いメディア等が市場に数多く投入されており、また寿命に関する具体的な基準や正しい情報が無いため、文書保存などに絶えず不安がつきまとっている。そこで世界的な光ディスクの寿命に関する基準を設定すべく2005年から同団体は、OSTAと合同で基準作りのミーティング(ODAT/WG meeting)を重ねてきた。その結果、光ディスクの寿命推定試験法を合意してEcma(Ecma International - International Association for Standardization of Information and Communication Technology and Consumer Electronics)規格として提案し年内に議決され、さらに来年度にはISO(International Organization for Standardization)規格として審議・認定される見通しである。

 今回のミーティングでは、光ディスクの寿命識別試験の協議に併せてさらに、”メディア認証センター”にどのような機能を持たせ、どのくらいの規模のものを設立するのかなど、同センターそのものの具体的な形態をOSTA側に提案し、運用についての継続検討を合意した。設立については、来年度の ISO 規格認定を睨んで、2007年度中を目標としている。
 すでに同団体では、2001年から光ディスクの寿命に関する検証や研究を行っており、大阪産業大学などとも連携を図りこの基準作りを進めてきた。今後もその成果を踏まえ、ユーザのより一層の利便性のためにこの光ディスクの寿命基準策定に関して、さらに貢献していく予定である。

【CDs21ソリューションズ】
任意団体「CDs21(シーディーズニジュウイチ)ソリューションズ」は、旧マルチメディアCDコンソシアムとオレンジフォーラムがコラボレーションしてできたCD関連業界間を複合横断的に構成した最大の団体で、各種のCD規格に準拠したハードウェア、ディスク、ソフトウェア製品、コンテンツ製作などを含む応用製品群の互換性向上への取り組み、及び関連サービスなどの普及促進を図り、関連業界並びにユーザに寄与することを目的に活動している。
現在、参加企業数は、光ディスクやドライブを生産している企業を中心に国内外を含め約40社。
CDs21ソリューションズホームページ:リンク

【OSTA】Optical Storage Technology Association 米国カルフォニア
OSTA は、コンピュータのデータおよび画像のストレージに利用される書き込み可能な光ストレージの推進を目的とする国際的な団体。正規会員および準会員の数は 60 を超え、会員は北米、アジア、ヨーロッパの各国に存在している。

【ODAT】Optical Disk Archive Test
OSTA内で光ディスクの寿命について検討しているコミッティ(WG)であり、CDs21ソリューションズのリラァイアビリティWGも参加し共同で光ディスクの寿命に関する研究を行っている。

【大阪産業大学】
大阪産業大学・工学部・電気情報通信工学科 入江研究室と、光ディスク寿命推定研究にて連携

■お問い合わせ先
CDs21ソリューションズ事務局 
〒141-0001 東京都品川区北品川6-7-35ソニー(株)本社内
TEL&FAX: 03-5448-1550  担当:鳥山 infocds21@cds21solutions.org

このリリースに関するお問い合わせ先
㈱ニュ-ロン
〒160-0004
東京都新宿区四谷4-3-1 ワールド四谷ビル8F 
担当:神山 
TEL: 03-5919-0543/ FAX: 03-5919-0542

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。