logo

北米のコンビニエンスストアチェーン大手 サークルK、マニュジスティックスの流通・小売向けソリューションを採用

米国アリゾナ地域において店舗レベルの需要予測ソリューションを導入

サプライチェーンマネジメントと収益管理ソリューションのリーディングプロバイダーである米国マニュジスティックス社は24日、北米第2位のコンビニエンスストアチェーンであるサークルKが、アリゾナ地域の店舗において、需要予測システムを改善し、必要な商品を、適時に、適切な店舗に配備するため、マニュジスティックスの流通・小売向けソリューションを採用したことを発表しました。

マニュジスティックスにとって、今回のサークルKの採用は、コンビニエンスストア業界への本格的な参入となります。

サークルKは、石油会社系列ではないチェーンとしては北米第2位である カナダのコンビニエンスストア大手、Couche-Tard社のグループ会社で、世界中で4,900店舗を展開し、2,500万人の顧客にサービスを提供しています。

サークルKの情報サービス部門 シニアディレクター、ブライアント・サンティーニ氏は次のように述べています。
「私達のビジネスの本質は、お客様に利便性を提供することです。従って、お客様が店舗に立ち寄られた際に、食品・飲料やその他商品が棚に並んでいるようにしなければなりません。マニュジスティックスは、お客様が求める商品を適切に供給するために必要な、革新的で実行性の高いソリューションを提供してくれます。」

Couche-Tard社は、様々な流通・小売向け商品補充ソリューションを検討した結果、操作性に優れ、需要予測から補充まで、需要管理に必要な多くの機能を網羅しているという点から、マニュジスティックスの店舗レベルの需要予測ソリューションを選択しました。

マニュジスティックスの流通・小売業界担当副社長、ステファン・ポプラウスキーは次のように述べています。
「この度、業界で最も認知された企業の一社であるサークルKが採用してくださったことにより、コンビニエンスストア業界に本格的にビジネス展開できることを喜ばしく思います。私達の他の流通・小売分野における知識や経験を生かし、コンビニエンスストア業界に実績のあるソリューションを提供できるものと考えています。」

###

Alimentation Couche-Tard社 (サークルK) について
Alimentation Couche-Tard社は、カナダのコンビニエンスストア業界におけるリーダー企業です。同社は、北米において業界第3位、石油会社系列ではない独立系としては第2位のコンビニエンスストアチェーンで、業界の中でも最も高い収益性を誇っています。現在、カナダやアメリカ合衆国の8地域に4,853店舗を展開しており、その内3,007店舗ではガソリンの給油事業も行っています。また、コンビニエンスストアの店舗や事業所に36,000名の従業員を擁しています。

マニュジスティックス社について
マニュジスティックス社(本社・米国メリーランド州ロックビル)は、サプライチェーンの同期化を支援するリーディングプロバイダーです。マニュジスティックスのサプライチェーン、および、収益管理ソリューションにより、ユーザ企業は、需要予測や在庫管理の精度を高め、価格設定を最適化することで、常に変化する需要に一歩先んじ、供給を迅速に対応させながら収益を最大化することができます。マニュジスティックス社のお客様としては、ボーイング、カナディアン・タイヤ、シンギュラー、サーキット・シティ、コカ・コーラ・ボトリング、コティ・インターナショナル、DHL、ディアジオ、DSGインターナショナル、デュポン、ユーロスター・グループ、ジョージア・パシフィック、グレート・ノースイースタン・レイルウェイ、ハーレー・ダビッドソン、Harrah’sエンターテイメント、H.J.ハインツ、リミテッド・ブランズ、クラフト・フーズ、マリオット、マコーミック、ネスレ、ラジオシャック、スコッツ・カンパニー、シアーズ・ホールディングス、シノトランス、ユニリーバ、ウィックス・ビルディング・サプライ等の主要企業が挙げられます。
また、同社の日本法人であるマニュジスティックス・ジャパン株式会社は1997年に設立され、販売から導入、教育、保守までの一貫したサービスを提供し、日本での積極展開を図っています。現在60社を超える国内主要企業への導入を達成し、着実に実績を積み重ねています。

Manugistics および Manugisticsロゴは、Manugistics, Inc.の商標です。その他の社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
本プレスリリースは5月24日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事