お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ブロードバンドとDSLに勝負を挑むWiMAX

インドの市場調査会社RNCOS社では、WiMAX技術はアジア太平洋地域の通信市場に広く受け入れられるようになり、2009年までに加入者が380万人になると予測している。

米国では、既存のWi-Fi接続は主にコーヒーショップで利用できるが、WiMAX技術の利用エリアはそれよりもはるかに広い範囲で高速無線インターネットが利用できる。WiMAX無線ホットスポットは、フィラデルフィア州、あるいは米国内陸部の農村地帯の広さに匹敵する。

コーヒーショップで接続できるWi-Fiよりもはるかに広い範囲で無線ネットワークを利用できるWiMAXは、町中でインターネット接続を可能にすることを目的に開発されたともいえる。しかし、このサービスの商業化には課題も多い。WiMAXは、50Mb/sから100 Mb/sでの通信が可能といわれており、その点でDSLやケーブルより優れている。そのためWiMAXは、特にブロードバンド技術が到達していない農村部で非常に有利だと、インドの調査会社RNCOS社のアナリストは考えている。

RNCOS社の市場調査報告書「WiMAX市場予測 2006-2010年 - WiMAX Market Forecast 2006-2010」によると、WiMAXなどの新しい高速無線技術は今後数年間で無線ブロードバンドビジネスの42%を占め、結果的にWiMAXが市場基準になると予測している。WiMAX技術はアジア太平洋地域の通信市場に広く受け入れられるようになり、2009年までに加入者が380万人になるだろうとこの調査レポートは予測している。

さらにWiMAX技術の様々な側面を取り上げ、最新の市場動向を概観し、規格や周波数割当、運営面について考察している。
性能や範囲など、WiMAXを後押しする様々な要因についても考察し、WiMAX実現への枠組みについて取り上げている。
またWiMAXサービスや機器を提供するベンダー10社の企業概要、多様なアプリケーションや潜在ユーザーについても取り上げている。


調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
WiMAX市場予測 2006-2010年
WiMAX Market Forecast 2006-2010
リンク

RNCOS社について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。