logo

PONとアクティブイーサネットFTTHの導入

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
11月出版予定です。

一般ユーザーの間で、IPビデオ、VoIP、ゲームなどの容量が大きいサービスへの加入がすすみ、ブロードバンドの需要は着実に増加している。FTTH、特にGPONとアクティブイーサネットは、住宅にアクセス回線を供給し、新しいトリプルプレイサービスをしっかりサポートするだろう。
米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「PONとアクティブイーサネットFTTHの導入」は、FTTHの導入を促進する動向、住宅への導入パターン、FTTHの市場規模、価格構造を調査している。BPON、EPON、GPON/GEPON、アクティブイーサネット加入者数の増加を分析し、OLTブレードとONTの導入と収益を考察している。契約およびベンダとオペレータの提携関係を論考し、FTTHの市場シェアを提供している。FTTH導入コストを構成する、エレクトロニクス/装置、ファイバ、労働力など、多種多様なコストの投入について分析している。

◆調査レポート
PONとアクティブイーサネットFTTHの導入:BPON、EPON、GEPON/GPON、アクティブイーサネットとIPビデオの役割
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事