logo

モバイルデータ利用とプライバシー関連法案が促進するモバイルセキュリティ製品

英国の調査会社ジュニパーリサーチ社がモバイル機器のセキュリティ市場に関する調査報告書の出版にあたり、プレスリリースを発表しました。

「モバイルデータセキュリティ市場調査:2006-2011年のアクセス、コンテンツ、ID、セキュリティ対策」レポートで英国の調査会社ジュニパーリサーチ社は、アンチウイルス、VPN、データ/ファイル暗号化、モバイルアイデンティティ管理アプリケーションなどのモバイルセキュリティ製品の市場は2011年までに約50億ドルに達し、2億4700万台の携帯電話に搭載されるだろうと、は予測している。

アンチウイルス、VPN、データ/ファイル暗号化、モバイルアイデンティティ管理アプリケーションなどのモバイルセキュリティ製品の市場は2011年までに約50億ドルに達し、2億4700万台の携帯電話に搭載されるだろうと、英国の調査会社ジュニパーリサーチ社は予測している。


下記のいくつかの要因が、この新しいセグメントを促進するだろう。
■個人情報を盗まれるセキュリティリスク
■モバイル機器による、法人ネットワークへの権限のないアクセス
■モバイルウイルスとマルウェア(スパムやワーム)による脅威の増加
■コーポレートガバナンスと州法による規制
■ モバイルユーザが、重要データの配信や保管に携帯電話を利用する度合いが高まってきていること

ジュニパーリサーチ社は、急速に成長しているモバイルセキュリティベンダの販売会社にインタビューを行い、モバイルセキュリティ市場の現状と今後の見通しを明らかにしている。特に下記の項目に注目している。

■ モバイルセキュリティ市場の40%を占める最も重要なセクタは、アンチウイルス、アンチスパム、アンチスパイウエア、フィルタリングなどのセキュアモバイルコンテンツである
■ モバイルIDとアクセス管理市場は2011年に13億6000万ドルの収益が見込まれ、モバイルバイオメトリックソリューションはその内の約2億6800万ドルを占めるだろう
■ モバイルセキュリティ市場の総額は、2006年の8億2700万ドルから2011年には48億ドルにまで伸びるだろう
■ 2011年までに世界で2億4700万台(全体の8%弱)の携帯電話にセキュリティ製品が搭載されるだろう

調査レポートの著者Alan Goode氏は、「当初は、主にBlackberryデバイスなどによるEメールでデータサービスを利用するビジネスユーザが市場を牽引するが、2008年末か2009年初めにはモバイルセキュリティ製品は主流となり、2008年から2010年までの収益は倍増するだろう」と語る。



レポート目次
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
モバイルデータセキュリティ市場調査:2006-2011年のアクセス、コンテンツ、ID、セキュリティ対策
Mobile Data Security
Access, Content, Identity & Threat Management (2006-2011)
リンク

ジュニパーリサーチ社について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

モバイルデータ&ファイル暗号化製品の地域別売上予測

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事