logo

初期の米国IMS市場は2011年には140億ドルに達する

IMSは、いくつかのエンドユーザインターフェース機器によって、無線、WiFi、ブロードバンド、ケーブルなどの複数のネットワークをシームレスに利用できる環境を利用者に提供する。インスタット社の3つの予測シナリオのうち、最も強気なものによれば、米国のIMSアプリケーションによる無線キャリアの収益は2011年に140億ドルに達するという。

未だ開発の初期段階にあるIMS (IP Multimedia Subsystem) の市場が始まるには少なくとも後1年はかかるだろうが、その将来性は莫大であると米国の調査会社インスタット社は報告する。インスタット社の3つの予測シナリオのうち、最も強気なものによれば、米国のIMSアプリケーションによる無線キャリアの収益は2011年に140億ドルに達するとしている。IMSは、いくつかのエンドユーザインターフェース機器によって、無線、WiFi、ブロードバンド、ケーブルなどの複数のネットワークをシームレスに利用できる環境を利用者に提供する。

調査レポートは特に、無線ネットワークユーザにとって最も適切な無線キャリアとアプリケーションに焦点を合わせ、予測を行っている。「IMSは元々、3Gキャリアのために開発された。この調査レポートでは、セルラー会社によるIMS展開の可能性を定量化する」とインスタット社のアナリストDavid Chamberlain氏は語る。5年間予測の3つのシナリオについて、それぞれ将来のIMSの普及を図るための詳細な方法論と仮説を提供している。

インスタット社の調査は下記についても述べている。

◇ IMSアプリケーションとサービスの導入と成長は、インフラの選択と導入、トライアルと消費者指向のアプリケーションやサービスの採用、端末の機能性などのいくつかの要素に依存する
◇ 無線事業者によるIMSアプリケーションとサービスは、2007年に大きく成長し始めるだろう
◇ やや遅いスタートにもかかわらず、米国市場では2007年には最大7200万のIMSユーザが見込まれる

インスタット社の調査レポート「無線IMSアプリケーション調査 :課題はまだ多い - Wireless IMS Applications: Still More Work to Do」は、米国のIMS(IP Multimedia Subsystem)市場を調査している。2011年までのキャリアの収益と加入者予測を、強気、中立、弱気の3つのシナリオで提供する。米国キャリアのIMSの主導権と、開発中のアプリケーション、機器ベンダの戦略も分析している。

調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
無線IMSアプリケーション調査 :課題はまだ多い
Wireless IMS Applications: Still More Work to Do
リンク

インスタット (In-Stat)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事