logo

メディアゲートウェイとソフトスイッチ市場は2010年に84億ドルに達する

キャリアネットワークがオールIP環境に移行しつつあり、メディアゲートウェイとクラス4と5のソフトスイッチの世界市場は、2005年の27億ドルから2010年には84億ドルにまで急成長すると、米国の調査会社インスタット社は予測している。メディアゲートウェイとソフトスイッチの利点の1つは、従来の機器より価格が安いことであり、今後のサービスを支えるキャリアインフラを作るものである。

キャリアネットワークがオールIP環境に移行しつつあり、メディアゲートウェイとクラス4と5のソフトスイッチの世界市場は、2005年の27億ドルから2010年には84億ドルにまで急成長するだろうと、米国の調査会社インスタット社は報告する。メディアゲートウェイとソフトスイッチの利点の1つは、従来の機器より価格が安いことであり、今後のサービスを支えるキャリアインフラを作るものである。

「エンドユーザとキャリアの両方で、VoIP(Voice-over-IP)への関心が増大し、回線交換からIPへの移行が進んだ。この移行は、加入者とネットワークオペレータのコスト削減のみならず、通信に新しいアプリケーションが導入されるという見通しに基づくものである」と、インスタット社のアナリストDaryl Schoolar氏は語る。

インスタット社の調査は下記についても述べている。
■ 中国の機器ベンダ、Huaweiは、メディアゲートウェイポート出荷の最大のシェアと2005年のクラス4ソフトスイッチライセンスを占めたが、その半分以上が国内市場であった
■ Huaweiの中国々内の出荷を除けば、Nortelはこの両方のカテゴリでトップである
■ インスタット社は、機器ベンダの市場は今後も堅調であると考えている

インスタット社の調査レポート「メディアゲートウェイとソフトスイッチ市場調査 2005年 :変則的な中国市場 - The China Anomaly: 2005 Media Gateway and Softswitch Market」は、メディアゲートウェイとソフトスイッチの世界市場を調査している。

メディアゲートウェイとクラス4と5のソフトスイッチの販売数、収益の5年間予測を行い、中国市場の独自性と2005年の市場シェアに与えたインパクトを分析している。2005年のベンダ市場シェア、世界のメディアゲートウエイのポート出荷、地域別出荷数、ポートの普及率、キャリアタイプ別の市場シェアも掲載している。


調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
メディアゲートウェイとソフトスイッチ市場調査 2005年 :変則的な中国市場
The China Anomaly: 2005 Media Gateway and Softswitch Market
リンク

インスタット (In-Stat)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事