logo

RFパワーアンプ

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
5月出版予定です。

RFパワーアンプは基地局の全てのセルラーインフラに不可欠である。最新の無線インフラ機器の中で最も高額な部分のひとつなので、性能とコストが基地局の設計における重要な要因であり、特に効率性、サイズ、リニアリティ(直線性)、信頼性が重要である。RFパワーアンプに対する価格圧力が高まっているため、機能性を維持しながらも価格を下げるために、刷新的な新しい技術と材料を駆使する必要がある。RFパワーアンプのコストと機能性はRFパワー半導体によって決まるが、それらはRFパワーアンプの設計者とユーザーの経済性と技術レベルに見合ったものでなければならない。米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「RFパワーアンプ:セルラー向けインフラ市場の機器とRFパワーデバイスの分析」は、上記の事項を調査して、RFパワー半導体とRFパワーアンプの関連性を説明している。また、2011年までの両セグメントの量的予測を行っている。


◆調査レポート
RFパワーアンプ:セルラー向けインフラ市場の機器とRFパワーデバイスの分析
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。