logo

クエスト・ソフトウェア社製品の導入で花王株式会社とグローバル契約を締結

クエスト・ソフトウェア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:公家 尊裕、以下クエスト)は、花王株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:尾?元規、以下花王)と、クエストの提供するLiteSpeed for SQL Serverを導入することでグローバル契約を締結したことを発表しました。

本契約において、花王はクエストの提供するSQL Serverに対するバックアップ・リカバリ製品「LiteSpeed for SQL Server」を導入し、クエストは24時間365日体制でサポートを行います。

「LiteSpeed for SQL Server」(以下LiteSpeed)は、Microsoft SQL Serverのデータを超高速かつセキュアにバックアップ/リカバリするツールです。高度な圧縮技術によってバックアップ・データを最大約90%まで圧縮、バックアップ処理およびリカバリ処理の所要時間を、最大約70%も短縮できます(SQL Serverの標準機能利用時との比較)。さらに、その時点で利用できるリソースを使ってバックアップ処理するので、システムやネットワークへの負荷を極小化します。LiteSpeedはデータの圧縮と同時に内容を暗号化処理します。これにより、データはバックアップされている間も安全かつ確実に保護されます。LiteSpeedによる圧縮機能を使用することで、データの増大に伴うデータベースのストレージ増設を最小限に抑えることができ、ストレージ費用を従来比で最大95%まで削減することが可能です。
LiteSpeedのバックアップ処理によるサービスへの影響を最小限に抑止するとともに高速なリカバリ処理によってデータ復旧のリードタイムを大幅に短縮できます。

LiteSpeedは米国SQL Server Magazineなどで数々の賞を受賞しています。
■SQL Magazine Editors' choice
■SQL Magazine Readers' choice
■米国・テックターゲットの2005年プロダクト・オブ・ザ・イヤー、データベース・ユーティリティ部門において金賞を受賞

花王株式会社 情報システム部のコメント
日々処理される膨大なデータ量とそれを蓄積するDISKスペースの確保はシステム運用上重要な作業です。また、データ量の増加に伴うバックアップ用DISKスペースの確保も必要となります。花王は、増加するDISKの負担と、バックアップ取得時間の増加に歯止めをかける為、LiteSpeedの導入を決定しました。LiteSpeedの圧縮機能によるバックアップ用DISKスペースの大幅削減と、バックアップ取得時間を大幅に短縮する事を期待しています。

花王株式会社について
国産ブランドで初めての高品質な化粧石鹸を1890年(明治23年)に発売してから、花王は「お客様本位」を基本姿勢として、事業を行ってきました。
花王は現在5,652人(連結対象会社合計:29,908人)の従業員を擁し創業当時から性能や機能を追求するだけではなく、快適さや簡便さなどの付加価値が高く、消費者の心に届く「よきモノづくり」に励み、これまでに数々の製品を提供してきました。その中には、世代を越えてご愛用いただいている製品、革新的なアイデアで新たな市場を開拓した製品もあります。さらに心からご満足いただける「よきモノづくり」をめざし、花王の各部門が一体となって事業活動を行っています。

【クエスト・ソフトウェア株式会社について】
クエスト・ソフトウェア株式会社は、カリフォルニア州本社Quest Software, Inc.の全額出資の日本法人として2003年5月に設立されました。Java開発、データベース管理・アプリケーション管理・Microsoftインフラストラクチャ管理のリーダーとして日本での市場を拡大しています。本社Quest Software, Inc.は、現在2,900人(内900人R&D)以上の従業員を擁し、18,000社を超える世界中のクライアントに支持されています。IT運用に関する深い専門知識を活用して最適なソリューション開発に取り組み提供しています。2005年の総売上げは、前年同期の3億8950万ドルを22%上回る4億7640万ドル(約570億円)を達成しました。

【この記事に関するお問い合わせ窓口】
E-mail:marketing@questsoftware.co.jp

※このプレスリリースのPDFファイルはこちらリンク

*Quest SoftwareおよびQuest Notes Migrator for Exchangeは米国Quest Software, Inc.の米国における商標または登録商標です。また、本文中に記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事