お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ネットワーク・アプライアンス社、NFSパフォーマンスの 業界記録を更新

Data ONTAP(r) GX、従来のベンチマークの3倍以上に相当する 100万OPSを記録

Network Appliance, Inc.(ネットワーク・アプライアンス社、以下「NetApp《ネットアップ》社」、NASDAQ: NTAP)は米国時間6月12日、同社の最新オペレーティングシステム「NetApp(r) Data ONTAP GX」のNFS(Network File System)ベンチマークテスト結果において、100 万OPS(Operations Per Second)を上回る驚異的なパフォーマンスを記録したことを発表しました。

今回のテストでは、ストレージシステム「FAS6070」24台をData ONTAP GXのグローバルネームスペース機能で単一システムとして設定し、その動作をベンチマーク「SPEC SFS97_R1(tm)」で計測しました。その結果、同システムはSPEC SFS97_R1.v3の値で1,032,461OPSを達成、レスポンスタイム全体では1.53 ミリ秒を記録しました。これは、従来のNFSベンチマーク記録の3倍以上に相当します。この結果が示すように、ネットアップは、従来をはるかに上回る高いパフォーマンスをHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)環境にもたらすことができます。

本日発表したData ONTAP GXは、エネルギー、エンターテイメント、電子回路設計の自動化などHPC分野向けのOSで、高い拡張性とNFSパフォーマンスを備えたシンプルで堅牢な、HPCに最適なシステムを実現します。Data ONTAP GXの詳細はニュースリリース(リンク)をご覧ください。

ネットアップ社プロダクト・アンド・パートナー担当バイスプレジデント、パトリック・ロジャーズのコメント:
「HPC分野では、ストレージシステムのパフォーマンスに対する要求には限りがありません。Data ONTAP GX は今回NFSパフォーマンスの業界記録を3倍に伸ばしましたが、これはまだ初期段階のテストであり、その画期的な機能と大きな可能性にさらなる期待をしています。」

SPEC SFS ベンチマークテストの結果は リンク (英語)をご覧ください。

HPC環境向けソリューション『Data ONTAP GX』は、正規販売代理店を通じて本日より発売されます。価格はネットアップの正規販売代理店にお問い合わせください。

ネットワーク・アプライアンスについて
ネットワーク・アプライアンス(ネットアップ)は、今日のデータ集約型企業に対して統合ストレージソリューションを提供するリーダーベンダーです。1992年の創立以来、ネットアップ社は、「シンプル」なデータ管理を実現するテクノロジや製品の開発と、パートナーの開拓を行ってきました。ネットアップ社のソリューションおよびサービスに関する情報については、www-jp.netapp.comをご覧ください。

NetApp、NetAppのロゴ、Data ONTAPはNetwork Appliance, Inc. の登録商標であり、Network Appliance、RAID-DPは、米国およびその他の国における Network Appliance, Inc. の商標です。その他のブランドまたは製品は、それぞれを保有する各社の商標または登録商標です。

SPECおよびベンチマーク名のSPECsfs97_R1はStandard Performance Evaluation Corporationの登録商標です。競合ベンチマーク結果は2006年6月12日にwww.spec.orgに掲載された結果にもとづいています。最新のSPECsfs97_R1のベンチマーク結果についてはリンクをご覧ください。


本リリースについてのお問い合わせ先
日本ネットワーク・アプライアンス株式会社 広報担当: 堀内
TEL: 03-5404-1202  FAX: 03-5404-1288
Mail: pr-contact@netapp.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。