logo

Facebook日本語版はmixiに勝てるか

2008年5月19日 18時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国のSNS「Facebook」が日本語化されました。5月19日にはCEOであるMark Zuckerberg氏が都内で会見を開き、翻訳に関わったユーザーに感謝の言葉を述べました。同日夜には開発者向けイベント「Facebook Developer Garage Tokyo」も開催されるなど、Facebookが日本でも存在感を示し始めています。いち早く開発者向けプラットフォームを公開し、米国では非常に勢いがあるFacebookですが、日本市場でも同様の結果を残せるでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 寺岡宏彰
    寺岡宏彰さん (ヤフー株式会社 プロデューサ)
    勝てません。ルールを変えない限りは。

    1400万超のユーザ規模になってもスピーディに新展開を続けているmixiがいる中で、Facebookを使い続ける理由は非常に限られます。

    衝撃的だったオープンプラットフォーム、利便性の高いNetwork機能など、素晴らしい機能や体験を数多く提供していますが、日本の一般コンシューマを取り込むには不十分だと思います。もう需要は満たされているからです。

    人のつながりをめぐる潜在需要を掘り起こし、それをがっちりと握ったmixiに「勝つ」には、ゲームのルールを変えることが大前提になります。圧倒的に先行していたMySpaceに対して、ソーシャルプラットフォームの開放という新たな土俵を作って、いまのポジションを築いたように。

    ただ、mixiのソーシャルプラットフォームの開放は時間の問題なので、さらにもういちどルールを変えるには別の無消費に着目しないといけません。

    コミュニケーションサービスの主戦場であるケータイ関連技術にも、マネタイズエンジンにも、まだまだ進化やイノベーションの余地はありそうです。

    また、華やかな広報合戦に振り回されず、いまのソーシャルネットワークサービスを一歩ひいてよく見てみると、国民のコミュニケーションインフラとしていかに不十分であるかに気づくはずです。

    ルールを変えるチャンスはまだまだ眠っています。

    Mark Zuckerberg氏はすでに歴史的な痕跡を残したと思いますが、まだ24歳という若さということもあり、さらなる「ルール変更」をも期待してしまうのは欲張りでしょうか。
    2008-05-20 14:12:26
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集