logo

MSがYahoo買収断念、本当にこれで良かったの?

2008年5月4日 23時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3カ月に渡る交渉の末、MicrosoftがYahoo買収提案を取り下げました。この一連のやり取りは、Microsoftが2月1日、Yahooへの総額446億ドルに上る買収提案を発表したことで始まりました。これに対してYahooは、提示された価格を受け入れることはなく、また自社の検索ページの一部においてGoogleの広告を試用するなどして抵抗しました。その結果、Microsoftは米国時間5月3日、Yahoo買収を断念したことを認めました。MicrosoftのCEOであるSteve Ballmer氏は、「今もわたしはMicrosoftの提案が、Yahooの株価を正当に評価する唯一の選択肢だったと信じている。YahooとYahoo株主はわれわれと合意しなかったことで、非常に大きなチャンスを逃した」と語っています。

 この3カ月の間、さまざまなやり取りがMS、Yahoo、Googleの3社の間で交わされました。買収が果たされなかったことは、これら3社に、そしてインターネット検索およびオンライン広告市場にどのような影響を与えるのでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 村松竜
    村松竜さん (ジェネラル・パートナー)
    「買収を失敗させるものは感情であり、成立させるのは顧客視点である」 (リンク »)
    今回の一連の報道やコメントでは、「キャッシュや企業価値云々」、「シリコンバレーのベンチャーvs非シリコンバレーの大企業という単純・感情論的な対立図式」ばかりが目立ったが、「顧客視点」はどこにいったのだろうか?という点について書かせて頂いた。事業の目的は顧客の創造。
    2008-05-06 18:10:01
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集