logo

違反か販促か--著作権侵害動画の本質

2008年3月17日 01時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニコニコ動画において著作権を侵害している放送番組の動画をすべて削除する方針であることを、運営するニワンゴの親会社ドワンゴが明らかにしました。ニワンゴはテレビ局6社に対し、既存の著作権侵害放送番組動画をすべて削除する、新規投稿動画の監視を行い著作権侵害放送番組動画については直ちに削除する、という内容の申入書を提出したとされています。一方で、ユーザーによる動画アップロードはコンテンツの宣伝として有用との考えもあります。角川グループでYouTubeを活用した新規ビジネスを担当する角川デジックスの福田正社長は、日経BP「Tech-On!」のインタビューで、「ファンのいないところにエンターテインメントは成り立たない。好意を持っていてわざわざ宣伝してくれる。そんなファンをないがしろにして著作違反だとやっていたら,ファンなんかいなくなります」と語っています。違反か、それとも販促か--著作権侵害動画の扱い方について、パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 本間毅
    本間毅さん (Business Strategy, Sony Electronics Inc. Digital Reading Business Division)
    ソニーが提供しているeyeVioでは開始当初から、全てのコンテンツを24時間人力で監視してきました。もともと面白ビデオサイトではなく、個人の動画共有にフォーカスしていたので、不快な動画を個人ユーザーの方に見せたくないと思って始めたことですが、結果的には著作権侵害のコンテンツを排除する形になりました。

    一方でクリエイティブコモンズの仕組みを使い、ユーザーが自ら権利の範囲を規定できるようにすることで、バランスを取りました。そし今回JASRACとの契約に至ったわけですが、いずれにしても著作権に対しては様々なオプションを真剣に検討したのは事実です。

    ニコニコ動画も角川グループもそれぞれの視点から真剣に検討した結果が、こうなっているので、一つの価値観に集約する必要はないと思っています。

    大切なのはメディアとしての自覚を持ち、ユーザーとコンテンツホルダーの間の良好な関係を築くために努力することです。その手法やプロセスは様々なものがあるので、一概にどちらが良いとは言えないでしょうが、コンテンツを作る人をリスペクトすることから全てが始まると信じています。
    2008-03-17 11:05:16
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集