logo

上原仁さんのプロフィール (パネリスト)

  • 上原仁
    上原仁
    自己紹介:
    1974年滋賀県生まれ。神戸大学経営学部卒業後、1998年NTT入社。2001年にNTTの光戦略会社の立ち上げに参画。2004年NTTレゾナントに転じ、ポータルサイトgooのサービス統括。gooではマーケティング、新事業戦略を担当。Web 2.0関連の執筆・講演多数。2006年7月マイネット・ジャパンを創業し、日本初のソーシャルニュースサイト『newsing(ニューシング)』や国内シェアNo.1の携帯サイトASP『katy(ケイティ)』を運営。著書に『アルファブロガー』(翔泳社)、『口コミ2.0-正直マーケティングのすすめ』(明日香出版社)。

最新パネル回答

  • 国内の検索シェア95%がGoogle化することで我々ウェブ屋としてはトラヒック源の複線化を図るには否応なくソーシャルトラヒック獲得に動く必要が出ます。この意味でY!J×Gの件は日本国内のウェブ進化を加速する朗報だったと言えます。そしてこれはmixiのプラットフォーム価値を中期的に押し上げるインパクトを持つと思います。
    2010-07-27 16:25:59
    続きを読む
  • Y!J×Gのインパクトについて新聞社さんから電話取材を受けました。「大勢に影響ないですよ。我々業者が騒ぎ立てるだけで、ユーザーは誰も気づきませんから」とお答えしておきました。
    2010-07-27 15:58:04
    続きを読む
  • iPhoneの魅力は、ユーザーにとっては「洗練されたUI」、事業者にとっては「App Storeでのビジネス可能性」の二点に集約されると思います。 厳しめに見ると、UIはAppleの競争優位としては不十分です。ですがそこを真似て同種のスマートフォンを出してくる競合に対してAppleがApp StoreのPFを提供するオープン戦略に出...
    2008-07-14 20:38:34
    続きを読む
  • お題への直接の回答としては「ソフトバンク」です。 Appleが要求しているであろう通信料キックバックやハード仕様へのネットワーク側の適合に対して意思決定→対処することを2008年中に行える体制が今のドコモにあるとは考えにくい。 ただおそらく本件も大きなきっかけとなって端末メーカー側と消費者側双方のSIMロック...
    2008-01-07 15:44:35
    続きを読む

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]