お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「無線LANのセキュリティが心配で…」「だったら”秘文”を試してみない?」--つぐみ物語番外編

東京、日本橋。商売人の粋と心意気を愛する老舗の街の一角には「IT にまつわる悩みをたちどころに解決する」カクテルで有名な「IT バー」があるという。店を取り仕切る「つぐみ」ママは、かつてMIT を首席で卒業し、政財界とのパイプも太いと噂される。夜の帳がおりる頃、「IT バー つぐみ」今日も開店です。
モバイル端末はワークスタイルを変えるけど…
つぐみ
吹き出し

タブレットは営業担当者にはありがたい端末だけど…

我々情報システム部門にとっては悩みの種です

吹き出し
お客様
つぐみ
吹き出し

そうね、落とした時の情報流出や、仕事に関係ないサイトを見てたりして…

ええ、できれば社内のLANと同じようなネットの制限ができればいいんですが

吹き出し
お客様
つぐみ
吹き出し

そんなあなたのためにあるのが、『秘文AE AccessPoint Control』よ!

こんな問題を解決!
主な特徴:社外編
社内のようにはいかない、社外のネットワークセキュリティ管理
社内のようにはいかない、社外のネットワークセキュリティ管理 イラスト

 タブレットやスマートフォンなどの普及や3G/LTEや公衆Wi-Fiなどネットワークインフラの普及によって、社外でモバイルPCやタブレットなどを使って業務を行う、いわゆるモバイルワークやテレワークが当たり前のようにできるようになってきました。

 外出の多い営業担当者などにとって、社外から社内のメールや情報にアクセスできるモバイルワーク・テレワークは、ワークスタイルを大きく変えることができるので、多大なメリットがあります。

 その反面、社内とは違い、セキュリティレベルの低いネットワークもあるため、情報の漏えいや改ざんなどのリスクも高まります。これは情報システム管理担当者にとっては頭の痛い課題です。

セキュリティポリシーも、管理の目が届かない社外では…

 社内LANにつないでインターネットを使うのなら、アクセス制御やファイアウォールなどのセキュリティ対策が施されているので安心です。しかし外出先から直接、3G/LTEや公衆Wi-Fi経由で接続するとなれば話は別。社内のセキュリティ対策が及ばないため、悪意あるサイトに、意図せずアクセスしてしまうことが防げません。仮にVPNを導入していても、利用者が毎回必ずVPN経由で接続してくれなければ、その対策も意味がありません。

 では、社外でモバイル端末を安心・安全に使うには、どうすればいいのでしょうか?

 そこでお薦めしたいのが「秘文AE AccessPoint Control(以下「秘文AE APC」)です。 秘文AE APCの「VPN利用の強制」機能は、社外からインターネットにアクセスする場合、必ずVPN経由の接続を強制し、VPNで接続できないときはネットワーク接続を遮断します。これにより、社外にいながら、社内と同様のセキュリティポリシーを徹底でき、それができない場合はネットワーク接続をさせないことで、セキュリティを守ります。使用できるVPNはベンダーを問わないので、既存のVPNインフラを活用できるのも大きなメリットです。

P2、主な特徴:社内編
社員任せの運用にしない!モバイルのセキュリティも社内と同様に
さらに製品の特徴をご紹介!
提供:日立ソリューションズ株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2014年7月31日