logo

【第19回】クラウドストレージ上のデータを安全に保護してタブレット端末の活用を進めたい!の巻

CNET Japan Ad Special2013年11月21日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ある日の開店前のITバー「つぐみ」にて ある日の開店前のITバー「つぐみ」にて
ある日の開店前のITバー「つぐみ」にて ある日の開店前のITバー「つぐみ」にて

クラウドストレージに対するセキュリティ上の不安を払拭!

登場人物

つぐみつぐみ
カナカナ
樋口樋口
ソリュートくんソリュートくん
西広さん中沢さん

登場人物詳細はコチラ

ある日の開店前のITバー「つぐみ」にて

カナ

暦の上では秋ですが。

つぐみ

残暑が厳しいこの頃ね、ふふふ。

カナ

ところで、以前、災害用の備蓄に保存食を買っておいたのですが、そろそろ賞味期限が近づいたものがありまして。

つぐみ

定期的に入れ替えないといけないものね。

一斉に賞味期限が近づき…
カナ

最近は、夜は缶詰を食べる毎日です。お酒は進むのですが、毎日似たような味だと飽きますね、グスン。

つぐみ

一人で消費するとなると大変よね、ふふふ。

カナ

ああ、誰か一緒に食べてくれる人はいないかなあ……。

つぐみ

そうねぇ。じゃあ、そろそろ開店準備をお願いね。あら、お客様がいらっしゃったようよ。

クラウドストレージ上の情報漏洩を防止!

社内のデータを外出先のタブレット端末で安全に利用したい!

中沢さん

こんばんは。「ITに効くバー」と聞いてはじめて来た者です…。

カナ

いらっしゃいませ。悩めるIT担当者の癒しの止まり木、「ITバー」へようこそ。

中沢さん

ああ、よかった。私は中沢弘志といいます。セントミールという食品会社で営業を統括しています。

カナ

あ、知ってる。缶詰が有名な「セントミール」だよね。家にいっぱいあるよ!

中沢さん

ありがとうございます。我が社は中堅食品メーカーですが、おかげさまで、缶詰などの保存食シリーズには定評があります。

つぐみ

営業を統括しているということは、全国の卸会社や販売店などの営業担当者を束ねていらっしゃるのかしら。

中沢さん

そうです。卸会社や流通店などとの商談はもちろん、プロモーションや販促なども担当しています。季節変動や個人の嗜好などのトレンド分析も重要な仕事です。

カナ

ふうん。それで、お困りごとというのは?

中沢さん

ええ、我が社では外出先での営業活動に活用してもらおうと、営業担当者にタブレット端末を支給しているのです。

タブレット端末の有効活用を進めたいが… 端末からのデータ漏洩が心配 クラウド上にデータを置くのは心配
つぐみ

なるほどね。

中沢さん

悩んでいるのは、タブレット端末をもっと有効活用できないか、ということなのです。というのも、社内にある必要なデータにアクセスする仕組みがないので、販促資料や価格表などの営業ツールを、商談やプレゼン時などに利用することができないのです。営業ツールの中には、漏洩に気をつけなければならないものもありますし…。

つぐみ

そうね。社内に安全にアクセスするとなると、大がかりな仕組みを構築する必要があるわね、うふふ。

中沢さん

一般コンシューマー向けには、タブレット端末と連動して利用できる、利便性の高いクラウドストレージのサービスがたくさん提供されていますが、今のところ、我が社としては、DropboxやSkyDriveのようなクラウドストレージサービスの利用は、セキュリティ面の理由からNGなのです。

つぐみ

業務で使うとなると、クラウドストレージサービスをそのまま使うのは難しいかもしれないわね。

中沢さん

営業ツールを社外から閲覧するために、安全で手軽に導入できる仕組みがあれば使いたいと思うのですが、なかなかよい解決策がなく悩んでいるのです…。

つぐみ

なるほどね。何となくお悩みの内容は分かったわ。では、まずは中沢さんの会社の抱える課題について整理してみましょうね。

-PR-企画特集