お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マンガで解決【第5回】ITバーつぐみ物語:勤怠管理の効率化は任せて!多様な勤務形態に対応可能よ

勤怠情報の管理、どこから手をつけたらいいの!?

福俵

こんばんは。なんだか今、「圏外」という言葉が聞こえた気がしますが…。

つぐみ

いらっしゃいませ。このお店、携帯は圏外なの、うふふ。

福俵

そういうことでしたら何かお力になれるかも知れません。私、「ギャラクシーモバイル」という通信会社に務める福俵(フクタワラ)功平と申します。

カナ

超有名な通信キャリアじゃん。早速このお店にアンテナ設置してよ(笑)。

つぐみ

ところで、福俵さんは今日、何かお困りごとがあっていらしたんじゃないの? うふふ。

福俵

ああ、すっかり忘れていました。弊社は無線データ通信事業を手がけています。このたび、経営合理化の一環として、グループ傘下のインターネット接続事業や携帯通信事業などの会社を統合することになったのです。

つぐみ

なるほど、ふふふ。

福俵

私は人事部長を務めていますが、統合に際して各社の「勤怠管理」の業務の流れを精査しているのです。何といっても統合後は1万人を超える会社になりますから。

カナ

ふうん。会社ごとに人事制度とかシステムが違うから大変そうだね。

福俵

そうなんです。タイムカードで勤怠を管理しているところもあれば、出勤表への記入で管理している会社もあるし、バラバラです。

手作業で集計が大変…
つぐみ

書類の量だけでも膨大ね、うふふ。

福俵

そうなんですよ。書類管理のコストもさることながら、手入力の書類は、記入ミスや漏れのチェックの目視確認が、そりゃもう大変な手間で。

つぐみ

時間もコストもかかるのね。

福俵

拠点や部署によって提出時期にもバラツキがありますし、統合にあたってはぜひ、ペーパーレス化を進めたいと思っています。

つぐみ

各社に違う作業フローやルールが存在するから、一口にペーパーレス化といっても大変ね、ふふふ。

福俵

そうなんです。1万人を超える社員の就業情報を効率的に管理するために私はもう、何をどうしたらよいか、困ってしまって、ああ頭が痛い…。

つぐみ

ふふふ。じゃあまず、福俵さんの会社が抱える問題について、ポイントを整理しましょうね。

福俵

相談に乗っていただけるんですか? ありがとうございます!

次ページ:勤怠管理のシステム化に大切な三本柱とは >>

お問い合わせはこちら

資料請求/お問い合わせ
提供:株式会社日立ソリューションズ
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部