お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

言語と距離の壁を越えてコミュニケーション! 最新IT事情がマンガでわかる:ITバーつぐみ物語

ある日の開店前のITバー「つぐみ」にて

登場人物

登場人物

登場人物詳細はコチラ

ある日の開店前のITバー「つぐみ」にて

カナ

毎日暑いですね。あれ、何読んでるんですか?

つぐみ

英語の勉強をと思ってね。ビジネス書の原書を読んでいるの、うふふ。

カナ

本当ですか? そのうち「このバーでの公用語は英語になりました」とか発表しないでくださいよ。

つぐみ

あら、いいアイデアね。外国のビジネスマンにも来てもらいたいし。「英語バー」とか。

白馬の王子様が現れますように
カナ

冗談やめてくださいよ。ずんだ餅でも食べて一休みしましょう。

つぐみ

あら、どうしたの? うふふ。

カナ

仙台のお土産です。仙台はちょうど七夕祭りで賑わう季節ですから。

つぐみ

うふふ。どうせ「白馬の王子様が現れますように」とかお願いしたんでしょう、うふふ。

カナ

わ、私は短冊に願いなんか、か、書いてないんですからねっ!

つぐみ

早く願いが叶うといいわね、うふふ。

カナ

からかわないで下さいよー! あ、お客様です。いらっしゃいませ−!

次ページ:困った!製品の企画、設計段階から海外で!? >>
ITバーつぐみ物語 カクテルこぼれ話
ITバーつぐみ物語 カクテルこぼれ話
つぐみ物語の続きはコチラ

後日談 ウィスキー・サワー

提供:株式会社日立ソリューションズ
日立ソリューションズ

[日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社][株式会社 日立システムアンドサービス]は、2010年10月1日付けの合併により、[株式会社 日立ソリューションズ]として新たにスタートしました。本コンテンツは2010年9月30日以前に作成されたため、本文中の社名は当時のもの(日立システムアンドサービス)となっている場合がございます。ご了承ください。

提供:株式会社日立ソリューションズ
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部