お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「顧客の心をがっちりキャッチ!デジタルマーケティングのススメ」の巻

プロローグ&登場人物紹介

もはや大企業、ECだけのものではない、「デジタルマーケティング」

イラスト01

 CRM、マーケティングオートメーション(MA)、DMP(Data Management Platform)など、マーケティングツール類を駆使して行う「デジタルマーケティング」。これまでは大企業や、ECサイトなど、ネット上でビジネスをする企業のものだと考えられてきました。しかし、ネットとリアルの融合が進み、一般の企業もネットでのプロモーションが常識になりつつある現在、デジタルマーケティングもECビジネスを行う企業だけのものではなくなってきています。

 しかしながら、デジタルマーケティングに精通した人材を有する企業は限られており、仮にツールを導入してもうまく活用できないという課題も多く見受けられます。

 そこで日立ソリューションズでは、これまでお客さまと一体になって取り組んできたCRMなどの経験と実績を元に、幅広い業種・企業でデジタルマーケティングを活用するためのソリューションを展開。お客さまのデジタルマーケティングを支援します。

多様化する顧客に対応するには、人手だけでは限界に

イラスト02

 モノやサービスが多様化し、顧客の選択肢が増えた今の日本の成熟した消費社会において、顧客の消費行動も大きく変化しています。スマホやSNSの普及によって、商品やサービスに関するたくさんの情報を手に入れられるようになり、その中でも企業が発信する情報よりも他の顧客が発信する、いわゆる「口コミ」を重視するということが一般化しています。

 このような状況では、広告媒体を使った、いわゆる「マスプロモーション」は効果を発揮しにくくなり、各顧客の細分化されたニーズに対応したマーケティング、プロモーションが必要となってきています。

 しかし、このように多様化するニーズに対応したアプローチを取るためには、従来のように人手に頼っていては対応しきれません。そこで、ITを活用することで「個」へのきめ細かいアプローチを実現するのがデジタルマーケティングなのです。

ツールやシステムを導入しただけでは、課題は解決できない

イラスト03

 多様化するニーズに対応するために、すでにMAやCRMなどの導入を始めている企業も少なくありません。しかし、そこで得られるデータを上手く活用してマーケティングに活かしきれていない、という話もよく耳にします。どのようなツールやシステムも、単に導入するだけでは本質的な課題解決にはならないからです。そこで得られたデータをどう活用して、どう自社のビジネスに活かしていくのか。このノウハウを持たない限り、システム投資は、ただの浪費に終わってしまうでしょう。

提供:株式会社日立ソリューションズ
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2018年4月30日