logo

IT探偵しおんが解決!「Vol.10 ネットワークインフラの負担をFortinetセキュアSD-WANで軽減!」

SD-WAN機能を持つUTMですべてを解決SD-WAN機能を持つUTMですべてを解決

 このような課題に最適なのが、Fortinet社の提供するセキュアSD-WANです。

 このセキュアSD-WANはISDB(Internet Service Data Base)によって、クラウドサービスごとに通信経路を指定できるため、例えばMicrosoft® Office 365は直接インターネットへ接続し、Amazon Web Servicesで運用されている業務アプリケーションは閉域網をとおり、本社のゲートウェイをとおしてインターネットへ接続する、ということも可能です。ISDBは数多くのクラウドサービスに対応しており、通信の開始時からブレイクアウトが可能なので、ネットワークの負荷軽減にも大きく寄与します。

 セキュアSD-WANは国内UTM市場でトップレベルのシェア※3を誇るFortinet社のUTMであるFortiGateの1機能として提供されています。FortiGateはセキュアSD-WANの機能以外にも1台でアンチウイルス、アプリケーション制御、Webアクセス制御などの機能を持つため、セキュリティを確保しつつ各拠点からの快適なインターネット接続を可能にします。

 またFortiGateは、トラフィックのロードバランシング機能も有しています。条件に応じて閉域網やインターネットVPNを使い分けることで、回線コストを最適化したり、ネットワークの冗長性をもたせることも可能です。

長年に渡りファイアウォール製品の取扱経験を持つ日立ソリューションズ長年に渡りファイアウォール製品の取扱経験を持つ日立ソリューションズ

 日立ソリューションズでは、20年以上に渡りファイアウォール・UTM製品を取り扱っており、Fortinet製品に加え、Palo Alto Networks製品、Juniper Networks製品とあわせたファイアウォール・UTMの納入実績は約17万台※4に上ります。

 Fortinet社とのつながりも深く、定期的な技術会議・営業会議を行うなど、緊密な関係にあります。

 また、リリース前検証や高負荷シミュレーション、他社製ファイアウォールとの相互接続検証など、日立ソリューションズ独自の品質検査を行い、不具合を検出した場合には直接Fortinet社への報告やサポートサイトでの情報提供など、品質向上の取り組みも行っています。

 さらに、貸出可能な評価機を300台保有しているので、事前にお客様における検証作業も可能となっています。

 クラウド時代にはクラウドサービスの利用に適したネットワークインフラの構築が重要です。クラウドサービスのメリットを最大限に生かすために、クラウドサービスの導入を検討されている企業やすでに導入し始めている企業のシステム部門の方は、日立ソリューションズに相談してみてはいかがでしょうか。

※3 出典:IDC's Worldwide Quarterly Security Appliance Tracker - 2018Q3

※4 2019年9月時点

後日

社長
「今回のお客様は業務システムのパフォーマンス低下について悩まれていたのかい?」
しおん
「正確にはクラウドサービス導入に伴うインターネットアクセス増加によって発生したパフォーマンスの低下に悩まれていました」
社長
「なるほど、今はさまざまな企業がクラウドサービスを導入しているからね」
しおん
「Fortinet セキュアSD-WANをお勧めしてきました!」
社長
「特定の通信をブレイクアウトさせるんだね? そうすれば負荷が軽減されるからね」
しおん
「はい! さすがですね!」
社長
「昔は私も伝説のIT探偵と呼ばれ…あれ、しおんまでブレイクアウトしたのかな?」
提供:株式会社日立ソリューションズ
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2019年11月30日

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]