logo

高い技術力と実績で培った
富士通の未来を見据えたAI

目まぐるしく変化するICTの世界では、AI(人工知能)が我々のビジネスシーンを変えつつある。だが、AIを提供する大半は海外ベンダーで日本は劣勢と言わざるを得ない。このような状況下でも、国内ICTベンダーとして気炎万丈に取り組む富士通は、長年の研究成果を活用した日本語に強みを持つAI「Zinrai」で、AI市場を塗り替えようとしている。顧客の需要に即した基本APIと目的別APIで具体的ソリューションを提示し、量子アニーリング的アプローチで実装した「デジタルアニーラ」は、スーパーコンピュータでも8億年かかるといわれる計算問題を1秒で解く高い技術を備える。そして自社の強みである顧客に寄り添う姿勢で顧客課題を解決してきた。
富士通が国内ICTベンダーとして活躍できる秘訣と各AI技術を用いた実証実験や導入事例、そして同社へ電撃移籍した中山五輪男氏のインタビューを交えて、同社の実績に裏付けされた技術力、そして目指す未来の姿まで深堀していく。

関連コンテンツ

提供:富士通株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2018年6月30日

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]