logo

サイバーセキュリティ2017:独自調査レポートから見るサイバーセキュリティ最新動向

2017年9月14日 (木)
[ セミナー ] NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

開催場所:東京

開催日:  2017年9月14日

申込締切日:2017年9月13日 (水)

今年に入ってもApache Sturts2の脆弱性への攻撃や、WannaCryやPetya等を始めとしたランサムウェアによる攻撃、バラマキ型の標的型メールなど、サイバー攻撃は猛威を振るっています。また、IoT機器に対する攻撃の増加、クラウドサービスの利用が広がることでのシャドーITへの懸念等、IT利用の進化・多様化に伴い、リスクは拡大する一方です。そのような中、日本国内だけではなくグローバル全体でのセキュリティ対策も求められる等、企業および経営に求められる課題は増え続けています。

これらのリスクおよび課題に対して、企業および経営はいかにして立ち向かうか、そして企業、従業員、クライアントをどのように守ればよいのか。NRIセキュアが独自に調査した「サイバーセキュリティ傾向分析レポート」を中心に最新の動向をご紹介し、企業が取り組む対策を提言します。

■13:30 開場・受付開始

■14:00 ~ 14:10 開会のご挨拶
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 サイバーセキュリティサービス事業本部
副本部長 佐藤 健

■14:10 ~ 14:50 セッション1
サイバーセキュリティ:傾向分析レポート2017

弊社ではご提供しているサービスから得られた知見を基に、昨今のセキュリティに関するトレンドをレポートする活動を2005年より行っております。
本セッションでは当該レポートから、IT利用の進化・多様化と企業におけるリスクをテーマにお話しします。

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 サイバーセキュリティ事業開発部
上級セキュリティコンサルタント 内藤 陽介

- - - - - - 休憩 10分間 - - - - - -

■15:00 ~ 15:40 セッション2
グローバルで戦うCSIRTの勘所

組織内CSIRT(Computer Security Incident Response Team)を構築している組織も多くなっています。企業形態の多様化・広範化を踏まえた上で、グローバル環境下のセキュリティガバナンスを確立するために、グローバルを含むグループ全体の視点でCSIRTを強化したいニーズが高まっています。
本セッションでは、CSIRTをグループ全体に展開していく際に、取り組むべきポイントについて解説します。

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 サイバーコンサルティング部
部長 西村 隆廣

■15:40 ~ 16:20 セッション3
事例から学ぶSOC導入の今

組織内CSIRTの構築が進む昨今、セキュリティインシデントの早期発見、セキュリティリスクの軽減に対してSOC (Security Operation Center) の果たす役割がますます重要となってきています。
本セッションでは、SOCの導入を検討するにあたり、各社が共通で抱える課題やその解決案についてご紹介します。また、SOCの運用や導入の効果についても当社の取り組みや事例を交えながらご説明します。

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 MSSグローバル事業開発部
部長 吉田 修

■16:20 ~ 16:30 セッション4
NRIセキュアサービス Update

■16:30 ~ 16:40 質疑応答

今日の主要記事