logo

プライベートセキュリティセミナー

2017年2月15日 (水)
[ セミナー ] NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

開催場所:東京

開催日:  2017年2月15日

申込締切日:2017年2月14日 (火)

企業の情報漏洩事故は後を絶たない現在、一方企業が保有する情報の重要性が増すばかりです。
情報漏洩は、企業の存続に影響を与える脅威であり、データの「入口」、「端末」、「出口」すべての領域・ステージで発生する可能性があります。さらに、昨今猛威をふるうランサムウェア対策という観点からも、標的型攻撃への対策はますますその重要度が増しています。

本セミナーでは、「標的型攻撃」、「情報漏洩」をキーワードとした各領域のトレンドソリューションとして、多くの企業にて導入されている3つのソリューション【proofpoint】・【PASERI for PC】・ 【BOX】をご紹介します。 今回のセミナーでは、各セッションにてサービス提供元を招聘し、各サービスの特徴、優位性、事例など解説します。

※proofpoint:ランサムウェア・標的型メール対策ソリューション
 PASERI for PC:持出し用PC・タブレット秘密分散による情報漏洩対策
 BOX:法人向けファイルコラボレーションサービス

■13:30 開場・受付開始

■14:00 ~ 14:05 開会のご挨拶
丸紅ITソリューションズ株式会社

■14:05 ~ 14:50 セッション1
今、求められるメールセキュリティ対策の在り方

例年、脅威を増す標的型攻撃。その標的型攻撃の90%以上は攻撃メール流入を起点としています。従来型の“迷惑メール”対策ソリューションのままでは標的型攻撃メールの流入を防ぐことは困難な状況にあり、標的型攻撃の被害企業数は増加の一途をたどっています。今、メールシステムの強化・セキュリティの見直しは企業にとって極めて重要な経営課題です。本セッションでは、弊社にて収集した脅威動向のご紹介と共に、次世代型メールフィルタリングソリューション【proofpoint】を活用した実効性のある対策解を解説します。

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
ソリューション事業本部 遠藤 良二

■14:50 ~ 15:35 セッション2
情報の無意味化で守らずに安全なセキュリティを提供する「PASERI」の活用事例

データの重要性が増す一方で漏洩事件も後を絶たず、「情報漏洩は防げない」前提の措置が必要です。 本セッションでは、「情報は守るもの」という従来のセキュリティに対する考えとは逆の発想で、情報を無意味化し分散保管、一片からは推測もできず漏洩事故にならないPASERIによる「オープン・セキュリティ」の活用事例をご紹介します。

株式会社TCSI
ソリューション営業部 営業推進グループ 岡 和範

- - - - - - 休憩 10分間 - - - - - -

■15:45 ~ 16:30 セッション3
世界最高水準のセキュリティを誇るコンテンツプラットフォームBoxの紹介

多くの日本企業を含む世界中の企業に採用されている「Box」は業界最高水準のセキュリティの下、クラウド上でコンテンツの管理・共有、コラボレーション、モバイルでの利用を促進するコンテンツ・マネジメント・プラットフォームです。本セッションではBoxが提供する豊富なセキュリティ機能を中心にBoxの活用事例を交えてご紹介します。

株式会社ボックスジャパン
執行役員 アライアンス・事業開発部 部長 安達 徹也

■16:30 ~ 17:00 個別相談
丸紅ITソリューションズ株式会社